スペイン語の文法

スペイン語の法(直説法・接続法)と時制(現在・過去・未来)のまとめ

投稿日:2019年4月22日 更新日:

スペイン語の法(Modo)と時制(Tiempo)まとめ

スペイン語の文法を勉強していると「直説法」「接続法」「現在形」「過去形」といった言葉が出てきます。

スペイン語では時制(現在形や過去形など)とは別に、法(Modo)が存在し「直説法」「接続法」は法になります。

「現在形」「過去形」といった時制は法の下に存在するので、直説法現在形、接続法現在形といった表現になります。

そして、それぞれの法によって扱われる時制は変わってくるので、スペイン語の法と時制についてまとめました。

注意ポイント

本ブログでは「過去未来」は直説法に属せず、可能法として「法」で扱っています。ご理解ください。

スペイン語の直説法 -Modo Indicativo-

直説法は直接説明する法で、起こったことや感じたことなど事実を述べるときなどに用います。

現在 -Presente-

現在の出来事や確実性の高い予定など直近の未来のこと、過去から今も続いていることなどを表します。

Estudio español.
私はスペイン語の勉強をする

Mañana estudio inglés.
明日、私は英語の勉強をする

Estudio español desde hace un año.
私は1年前からスペイン語の勉強をしている

参考スペイン語の直説法現在形の使われ方3つのポイント

直説法現在形の動詞の活用

スペイン語の動詞は語末のつづり、ar, er, ir でグループ化され規則変化などではそのグループで活用パターンが決まります。

現在形では不定詞(動詞の原形)から語尾の ar, er, ir を取り除きそれぞれのグループの活用語尾を加えるのが規則変化のパターンになります。

直説法現在形の ar 動詞の活用語尾

yo-onosotros-amos

(vos)
-as
(-ás)
vosotros-áis
él,ella
usted
-aellos,ellas
ustedes
-an

直説法現在形の er 動詞の活用語尾

yo-onosotros-emos

(vos)
-es
(-és)
vosotros-éis
él,ella
usted
-eellos,ellas
ustedes
-en

直説法現在形の ir 動詞の活用語尾

yo-onosotros-imos

(vos)
-es
(-ís)
vosotros-ís
él,ella
usted
-eellos,ellas
ustedes
-en

スペイン語の動詞の活用には規則変化のほかに語幹(語尾のar, er, ir を取り除いた部分)の母音が変化する語幹母音変化や不規則変化があります。

参考直説法現在形の規則変化活用について
参考直説法現在形で語幹母音変化の活用がある主な動詞
参考直説法現在形の不規則変化の活用がある主な動詞

現在完了 -Pretérito Perfecto-

動作は完了しているけど時間は継続している行為や今までの経験などを表します。

Hoy he limpiado el cuarto.
今日、部屋の掃除をした
※部屋の掃除は終わったけど、今日という日は終わっていない

¿Has visto "Guernica" que es un cuadro de Pablo Picasso?
パブロ・ピカソの絵である「ゲロニカ」を君は見たことがある?

直説法現在完了形の動詞の活用

スペイン語の完了形のかたちは「動詞 haber + 過去分詞」。動詞 haber の活用の時制で現在完了形・過去完了形・・・となっていきます。

動詞 haber の現在形の活用は不規則変化なのでこの場で丸暗記してもいいかもしれません。

動詞 haber の直説法現在形の活用

yohenosotroshemos

(vos)
has
(has)
vosotroshabéis
él,ella
usted
haellos,ellas
ustedes
han

あとは、動作の過去分詞を加えるだけで現在完了形を作ることができますが、過去分詞のなかには不定詞(動詞の原形)から不規則変化しているものがあるので注意してください。

参考スペイン語の現在完了形(haber + 過去分詞)の使い方
参考スペイン語の過去分詞について

点過去 -Pretérito Indefinido-

過去に起こった出来事や過去の話の中で主要となる行為などを表します。

Fui de compras.
私は買い物に行った

Yo viví un año en Buenos Aires.
私はブエノスアイレスに一年住んでた

直説法点過去形の動詞の活用

点過去形で er, ir 動詞の活用語尾は同じ変化になります。

不定詞(動詞の原形)から語尾の ar, er, ir を取り除き活用語尾を加えるのが規則変化のパターンになります。

直説法点過去形の ar 動詞の活用語尾

yonosotros-amos

(vos)
-aste
(-aste)
vosotros-asteis
él,ella
usted
ellos,ellas
ustedes
-aron

直説法点過去形の er, ir 動詞の活用語尾

yonosotros-imos

(vos)
-iste
(-iste)
vosotros-isteis
él,ella
usted
-ióellos,ellas
ustedes
-ieron

参考直説法点過去形の規則変化活用について
参考直説法点過去形の語幹母音変化と不規則変化について

線過去 -Pretérito Imperfecto-

過去の出来事の状況や人の様子、または過去に習慣として行っていた動作などを表します。

Cuando llegué al centro, había mucha gente. 
私が街の中心部に着いたとき、たくさんの人々がいた
※着いた時の状況を説明している

Cuando era niño, siempre iba a la playa.
私が子供だったころ、いつも海へ行っていた
※習慣的に海へ行っていた

参考スペイン語の点過去と線過去の使い分け

直説法線過去形の動詞の活用

線過去形で er, ir 動詞の活用語尾は同じ変化になります。

不定詞(動詞の原形)から語尾の ar, er, ir を取り除き活用語尾を加えるのが規則変化のパターンになります。

直説法線過去形の ar 動詞の活用語尾

yo-abanosotros-ábamos

(vos)
-abas
(-abas)
vosotros-abais
él,ella
usted
-abaellos,ellas
ustedes
-aban

直説法線過去形の er, ir 動詞の活用語尾

yo-íanosotros-íamos

(vos)
-ías
(-ías)
vosotros-íais
él,ella
usted
-íaellos,ellas
ustedes
-ían

参考直説法線過去形の活用(規則変化・不規則変化)について

過去完了 -Pretérito Pluscuamperfecto-

過去のある時点の段階で完了している出来事や行為などを表します。

Cuando llegué al aeropuerto, el avión ya había partido.
私が空港に着いた時には、飛行機はすでに出発していた

直説法過去完了形の動詞の活用

過去完了のときの haber の活用は線過去形になります。

動詞 haber の直説法線過去形の活用

yohabíanosotroshabíamos

(vos)
habías
(habías)
vosotroshabíais
él,ella
usted
habíaellos,ellas
ustedes
habían

参考動詞 haber のすべての時制の活用

未来 -Futuro-

未来の予定や意思を表すほかに現在・未来の推測なども表します。

Viajaré a España.
私はスペインへ旅行に行く予定です

¿Quién será?
(ドアがノックされて)誰かな?

参考スペイン語の直説法未来形の動詞の活用(規則・不規則)と使い方

直説法未来形の動詞の活用

未来形は現在形や過去形とはちがい不定詞(動詞の原形)に活用語尾を加えます。(語尾の ar, er, ir を取り除きません

そして、ar, er, ir 動詞すべて同じ活用語尾になります。

直説法未来形の活用語尾

yonosotros-emos

(vos)
-ás
(-ás)
vosotros-éis
él,ella
usted
ellos,ellas
ustedes
-án

未来完了 -Futuro Perfecto-

未来のある時点で完了している予定などを表すほかに過去に起こった事柄の推測も表します。
※過去に起こった事柄の推測に関しては可能法を使った表現と同じ意味(扱い)になります。

El mes que viene habré vivido acá dos años.
ここに住んで来月で2年になる

直説法未来完了形の動詞の活用

未来完了のときの haber の活用は未来形になります。

動詞 haber の直説法未来形の活用

yohabrénosotroshabremos

(vos)
habrás
(habrás)
vosotroshabréis
él,ella
usted
habráellos,ellas
ustedes
habrán

スペイン語の可能法(過去未来)-Modo Condicional-

直説法過去未来と紹介していることの方が多いと思いますが、直説法の「事実を述べる法」から外れる用法の方が多いので直説法から外しています。

メモ

私の場合は、初めてスペイン語を学んだグアテマラのスペイン語学校「アタバル」で、経営者の片桐まことさんが毎週金曜日に行っている「日本語によるスペイン語文法講座」で可能法として教えてもらったので。

おそらく直説法に属する理由は用法のひとつ「過去から見た未来」だと思いますが、それ以外に過去の出来事に関しての推測・疑問、未来のある条件に対しての行動、助言や婉曲表現なども表します。

María me dijo que iría a la biblioteca el siguiente día.
マリアは私に翌日図書館へ行くと行った。

Juan iría con nosotros, pero si le pagamos el viaje.
フアンの旅費を私たちが持ったら、彼は一緒に行ってくれるだろう

Yo en tu lugar saldría sobre las cinco.
私が君だったら5時ころに出発するだろう

¿Sería usted tan amable de decirme dónde está la terminal de autobuses?
バスターミナルがどこにあるか教えていただけますか?

参考スペイン語の可能法(過去未来)の動詞の活用と基本的な6つ使い方

可能法(直説法過去未来形)の動詞の活用

可能法(過去未来)は未来形と同じで不定詞(動詞の原形)に活用語尾を加えます。(語尾の ar, er, ir を取り除きません

また、ar, er, ir 動詞すべて同じ活用語尾になります。

可能法(過去未来)の活用語尾

yo-íanosotros-íamos

(vos)
-ías
(-ías)
vosotros-íais
él,ella
usted
-íaellos,ellas
ustedes
-ían

可能法完了(過去未来完了)-Condicional Perfecto-

過去から見た未来に完了している事、過去の時点で完了していると推測される事、現在・過去の事実と反する条件文の帰結文(条件文は接続法過去また接続法過去完了)

En el momento, yo creía que me habría casado antes de tener 30 años. 
その当時、私は30歳になる前に結婚しているだろうと思っていた

Si me hubiera tocado la lotería, habría tener nuevo carro.
もし宝くじに当たっていたのなら、新車を持っていただろう

可能法完了形の動詞の活用

haber の活用は可能法(過去未来)になります。

動詞 haber の直説法未来形の活用

yohabríanosotroshabríamos

(vos)
habrías
(habrías)
vosotroshabríais
él,ella
usted
habríaellos,ellas
ustedes
habrían

スペイン語の接続法 -Modo Subjuntivo-

接続法は主節に接続した従属節で使われる法で、不確実なこと・仮想した内容を述べるときなどに用います。

現在 -Presente-

主節の動詞の時制が現在・現在完了・未来・未来完了の場合に使われ、主節の動作と同時点か未来の時に使われます。

Dudo que ellos lleguen a tiempo.
私は彼らが時間通りに着くことを疑う

参考スペイン語の接続法現在形の使いかた

接続法現在形の動詞の活用

接続法現在形は直説法現在形などと同じように不定詞の語末 ar, er, ir を取り除き活用語尾を加えるかたちになります。

接続法現在形の活用語尾は ar 動詞と er, ir 動詞に分かれます。

接続法現在形 ar 動詞の活用語尾

yo-enosotros-emos

(vos)
-es
(-es)
vosotros-éis
él,ella
usted
-aellos,ellas
ustedes
-en

接続法現在形 er, ir 動詞の活用語尾

yo-anosotros-amos

(vos)
-as
(-as)
vosotros-áis
él,ella
usted
-aellos,ellas
ustedes
-an

接続法現在形の活用を覚えるコツ

すべてにあてはまりませんが直説法現在形1人称単数(yo)の活用から応用するのが便利です。

例えば動詞 tener の場合、接続法現在形の活用は tenga, tengas, tenga, tengamos, tengáis, tengan になります。

そして、直説法現在形1人称単数(yo)の活用は tengo です。

tener は er 動詞なので活用語尾の o を -a,-as,-a,-amos,-áis, -an に置き換えるだけで出来上がりです。

直説法現在形の活用を覚えた時点で実は多くの動詞の接続法現在形の活用も覚えたことになるんです!

語幹母音変化の活用の動詞では1人称複数(nosotros)や2人称複数(vosotros)では語幹母音変化しなかったり、違う語幹母音変化をすることもあるので注意してください。

参考接続法現在形の規則変化の活用について
参考接続法現在形の語幹母音変化や不規則変化の活用について

現在完了 -Pretérito Perfecto-

主節の動詞の時制が現在・現在完了・未来・未来完了の場合に使われ、主節の動作の時点で完了している時に使われます。

Dudo que ellos hayan llegado a tiempo.
私は彼らが時間通りに着いたことを疑う

接続法現在完了形の動詞の活用

haber の活用は接続法現在形になります。

動詞 haber の接続法現在形の活用

yohayanosotroshayamos

(vos)
hayas
(hayas)
vosotroshayáis
él,ella
usted
hayaellos,ellas
ustedes
hayan

過去 -Pretérito Imperfecto-

主節の動詞の時制が点過去・線過去・過去完了・可能法・可能法完了の場合に使われ、主節の動作と同時点かそれ以降の時に使われます。

Dudé que ellos llegaran a tiempo.
私は彼らが時間通りに着くことを疑った

Si ellos llegaran a tiempo, me alegraría.
彼らは時間通りに着かないけど)もし時間通りに着いたら、私はうれしいのに。

参考スペイン語のSi + 接続法過去, 可能法で現在の事実に反する仮定などを表現する
参考スペイン語のComo + si + 接続法過去形(接続法過去完了)「まるで〇〇であるか(あったか)のように」

接続法過去形の動詞の活用

接続法過去形の活用語尾は2種類(ra 形、se 形)あります。

また、ar, er, ir 動詞すべて同じ活用語尾になります。

接続法過去形 ra 形の活用語尾

yo-ranosotros-´ramos

(vos)
-ras
(-ras)
vosotros-rais
él,ella
usted
-raellos,ellas
ustedes
-ran

接続法過去形 se 形の活用語尾

yo-senosotros-´semos

(vos)
-ses
(-ses)
vosotros-seis
él,ella
usted
-seellos,ellas
ustedes
-sen

接続法過去形の活用を覚えるコツ

接続法過去形の活用はすべて直説法点過去形3人称複数(ellos, ellas, ustedes)の活用からの応用になります。

直説法点過去形3人称複数の活用の活用語尾「ron」を ra形、se 形の活用語尾に置き換えます

例えば、動詞 estar の直説法点過去形3人称複数の活用は estuvieron なので ron を接続法過去形の活用語尾に置き換えます。

ra 形
estuviera, estuvieras, estuviera, estuviéramos, estuvierais, estuvieran

se 形
estuviese, estuvieses, estuviese, estuviésemos, estuvieseis, estuviesen

カラベラ
でも、なぜ3人称複数の活用なの?

動詞 pedir で考えていきましょう。

pedir の直説法点過去形の活用って三人称単数複数だけ e ⇒ i の語幹母音変化があります。

そうです

pedir の接続法過去形の活用は

pidiera......

と語幹母音変化するんです。

直説法点過去形の活用を覚えた時点で接続法過去形の活用も覚えたことになるんです。

参考接続法過去形の活用について

過去完了 -Pretérito Pluscuamperfecto-

主節の動詞の時制が点過去・線過去・過去完了・可能法・可能法完了の場合に使われ、主節の動作の時点で完了している時に使われます。

Dudé que ellos hubieran llegado a tiempo.
私は彼らが時間通りに着いたことを疑った

Si ellos hubieran llegado a tiempo, me habría alegrado.
実際は彼らは時間通りに着かなかったけど)もし時間通りに着いていたら、私はうれしかっただろうに。

接続法過去完了形の動詞の活用

haber の活用は接続法過去形になります。

動詞 haber の接続法過去形の活用

yohubiera
hubiese
nosotroshubiéramos
hubiésemos

(vos)
hubieras
hubieses
vosotroshubierais
hubieseis
él,ella
usted
hubiera
hubiese
ellos,ellas
ustedes
hubieran
hubiesen

スペイン語の命令法 -Modo Imperativo-

命令やちょっとした依頼などに使います。

命令法には時制はありませんが、肯定命令と否定命令があります。

Haz lo que quieras.
したいことをしなさい(tú に対しての肯定命令)

No hagas eso.
それをしちゃダメ(tú に対しての否定命令)

命令法の動詞の活用

命令法の動詞の活用は2人称単数複数(tú, vosotros)の肯定命令以外はすべて接続法現在形と同じです。

2人称単数(tú)の肯定命令の活用は直説法現在形3人称単数(él, ella, usted)の活用と同じ

2人称複数(vosotros)の肯定命令の活用は不定詞の語末の r を d に置き換える

参考2人称単数複数の命令法の活用について

まとめ

今回はスペイン語の法と時制をまとめました。

もう一度振り返ってみましょう。

直説法
├現在
├現在完了
├点過去
├線過去
├過去完了
├未来
└未来完了
可能法
└可能法完了
接続法
├現在
├現在完了
├過去
└過去完了
命令法

以上となります。

それぞれの時制と一部の法で動詞は活用していきます。

 

スペイン語の文法を勉強するなら「NHK出版 これならわかるスペイン語文法」がおすすめ!

初級から中級までの文法を一通り勉強できる文法書です。

本書を読んだ(使ってる)感想なども書いてます。

参考スペイン語の文法書「NHK出版 これならわかるスペイン語文法」がいい参考書だと思う

  • この記事を書いた人

ヨシ

旅行して好きなった国々の言語がスペイン語だったのでスペイン語を勉強しています。ラテンアメリカばかりを旅行していたので私のスペイン語はラテンアメリカのスペイン語になります。現在は北海道の片田舎に住んでます。

-スペイン語の文法
-

Copyright© スペイン語の勉強ブログ , 2019 All Rights Reserved.