接続法

スペイン語の接続法現在形の使い方を書いていきます。

接続法の基本的なかたち

主節 + que + 従属節

接続法を使用する際には主節と従属節があり、その主節と従属節を「que」が結ぶ。というのが基本的な部分になり ...

接続法

接続法過去形を使った表現のひとつに「Como si」というものがあります。Como + si + 接続法過去で「まるで〇〇であるかのように」という意味になります。また Como + si + 接続法過去完了の場合は「まるで〇〇であった ...

接続法

接続法過去形の動詞の活用まで書いたので、おそらく動詞の活用(conjugación)に関してはすべて書いたと思います。今日は接続法過去形の使い方のひとつを紹介します。

普段の会話で「もし〇〇だったら、〇〇なのに」みたいな、 ...

スポンサーリンク

接続法

接続法過去形にはra形とse形がありますが、ここでは主にra形で説明していきます。活用の方法ですが、日本で売られているスペイン語のいくつかの本ではar動詞とer,ir動詞でara、iera、そして規則変化と不規則変化など細分化してるみ ...

接続法

前回は接続法現在形の規則変化と1人称単数の語幹を使う変化を紹介しました。今回は語幹母音変化と不規則変化を紹介します。

接続法現在形の語幹母音変化活用

直説法現在形で語幹母音変化している動詞が接続法現在形でも語幹母音変化すると ...

接続法

接続法とは主に主節に繋がる従属節で使われる法です。厳密には細かいと思いますが、願望や疑念などまだ起こっていない事などを表すときなんかに使われたりします。主節で使われる動詞によっては自動的に従属節の動詞の活用が接続法になったりもします。 ...