スペイン語の文法 接続法

スペイン語の接続法過去形の動詞の活用

2018年1月29日

接続法過去形にはra形とse形がありますが、ここでは主にra形で説明していきます。活用の方法ですが、日本で売られているスペイン語のいくつかの本ではar動詞とer,ir動詞でara、iera、そして規則変化と不規則変化など細分化してるみたいですが、ここではar,er,irすべての動詞で同じルールで活用していく方法を書いていきます。このルールだと規則変化と不規則変化の区別もなくなります。

sub-pasado

接続法過去形の活用

接続法過去形の動詞の活用では直説法点過去の3人称複数形(ellos,ellas,ustedes)の活用を利用していきます。
直説法点過去形3人称複数形の動詞の活用から「ron」を取り除き「ra」または「se」を付け加えるだけです。

Yorase
rasses
El,Ella,Ustedrase
Nosotros`ramos`semos
Vosotrosraisseis
Ellos,Ellas,Ustedesransen

※Nosotrosの`ramos,`semosの「`」はアクセント記号です。

それではいくつかの動詞で見ていきましょう。

例)llegar「着く」
llegarの直説法点過去3人称複数はllegaronです
llegarallegáramos
llegarasllegarais
llegarallegaran
例)vender「売る」
venderの直説法点過去3人称複数はvendieronです
vendieravendiéramos
vendierasvendierais
vendieravendieran

スポンサーリンク

例)dormir「寝る」
dormirの直説法点過去3人称複数はdurmieronです
durmieradurmiéramos
durmierasdurmierais
durmieradurmieran
例)estar「いる、ある」
estarの直説法点過去3人称複数はestuvieronです
estuvieraestuviéramos
estuvierasestuvierais
estuvieraestuvieran

【参考】スペイン語の動詞 estar「いる、ある」の活用と意味まとめ

例)creer「信じる、思う」
creerの直説法点過去3人称複数はcreyeronです
creyeracreyéramos
creyerascreyerais
creyeracreyeran
例)ir「信じる、思う」またはser「です」
ir,serの直説法点過去3人称複数はfueronです
fuerafuéramos
fuerasfuerais
fuerafueran

 

LINE スタンプ作りました

LINEスタンプ(チャスカ日本語とスペイン語)

スペイン語と日本語のセリフを入れた LINE スタンプです。

初めて作った LINE スタンプです。

ネコキャラで名前はチャスカ。チャスカはケチュア語(ペルーなどの先住民族の言葉)で「明けの明星」という意味です。

スタンプの数は32個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(スペイン語と日本語)

 

LINEスタンプ(普段使えるバージョン)

2作目のスタンプ

スペイン語の表示はありませんが、よく使いそうなリアクションや表情をまとめたスタンプです。

いくつかのスタンプには日本語のセリフが入っています。

今作では目の表情などに力を入れてみました。

スタンプの数は40個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(普段使えるリアクション)

  • この記事を書いた人

ヨシ

旅行して好きなった国々の言語がスペイン語だったのでスペイン語を勉強しています。ラテンアメリカばかりを旅行していたので私のスペイン語はラテンアメリカのスペイン語になります。現在は北海道の片田舎に住んでます。

-スペイン語の文法, 接続法
-

Copyright© スペイン語の勉強ブログ , 2019 All Rights Reserved.