モディスモ, 命令法, 直説法

アルゼンチンやウルグアイ、あと中米などで使われているtúに代わる2人称単数の代名詞vos(ボス)についてまとめます。スペインのスペイン語を学んでる人やスペインにしか興味のない人は知る必要もないのですが、アルゼンチンなどへ行きたいと考え ...

動詞や分詞, 直説法

スペイン語の直接法過去形には点過去と線過去がありますが、この点過去と線過去の違いをつかむのが難しいです。自分にとってはまだ把握していないし、これはもう永遠のテーマな気がします。

短い文章なら点過去と線過去を使い分けれるけど ...

動詞や分詞, 直説法

スペイン語の直説法の未来形の動詞の活用と基本的な使い方を紹介します。
スペイン語の未来形に活用された動詞は純粋に未来の事柄を指すときに用いるほか、疑念や憶測などのニュアンスが入る現在の状況に用いたりもします。

動詞の活用 ...

動詞や分詞, 直説法

スペイン語の直説法の線過去時制の動詞の活用と基本的な使い方を紹介します。
簡単に言うと日本語で「~していた」となる場合に線過去を用いることが多いと思うのですが、内容によっては過去進行形を使わないと通じないこともあります。点過去 ...

動詞や分詞, 直説法

直説法点過去時制の不規則変化動詞を紹介します。点過去時制の規則活用は「直説法過去形(点過去)の動詞の規則活用」をご覧ください。

直説法過去形(点過去)の動詞の不規則活用

点過去での vos の活用は tú と同じです。

スポンサーリンク

動詞や分詞, 直説法

スペイン語の直説法の過去時制(過去形)には点過去「~した」と、線過去「~していた」があります。ふつうに過去の出来事を言う場合には点過去を用いることが多いです。

今回は点過去の規則活用を紹介します。
この活用で1人称 ...

動詞や分詞, 直説法

「直説法現在形の動詞の規則活用」「直説法現在形の語幹母音変化動詞」と直説法現在形の動詞の活用を紹介してきましたが、今回はそれ以外の不規則に変化する主な動詞やパターンを紹介します。

よく使われる動詞も多いので、そういった動詞 ...

動詞や分詞, 直説法

「直説法現在形の動詞の規則活用」では語尾だけ変化する規則活用を紹介しましたが、スペイン語の動詞にはそれ以外の語幹(動詞の語尾-ar, -er, -irを取り除いた部分)が変化する動詞もあります。
その中で今回は語幹の母音が変化 ...

直説法

直説法現在形の使われ方は現在の出来事を表すことですが、スペイン語の現在形では未来の出来事や現在まで続いている出来事なども表すことができ、時制の幅があります。

直説法現在形の使われ方3つのポイント① 現在の出来事

Hablas ...

動詞や分詞, 直説法

スペイン語の動詞のすべての語尾は-ar, -er, -irで終わり、それぞれを-ar動詞、-er動詞、-ir動詞と呼びます。今回はその3つのタイプの動詞の規則活用を紹介します。

直説法現在形とかちかちなネーミングですが、普 ...