スペイン語の文法 動詞や分詞 直説法

スペイン語の直説法点過去形の規則変化の活用と使い方

2016年4月24日

スペイン語の直説法点過去形の規則変化の活用と使い方

スペイン語の直説法点過去形の規則変化の活用と使い方を書いています。

直説法点過去形の活用には規則変化のほかに語幹母音変化、不規則変化もありますが、まずは基本となる規則変化を覚えましょう。

スペイン語の直説法点過去形は出来事や行為が終了・完結したものとして表します。

直説法点過去形の規則変化の活用ルール

直説法点過去形の規則活用は ar 動詞と er, ir 動詞で語末の活用が変わります。

語末の活用にアクセント記号がついているものがありますが、動詞によってはアクセント記号を付けないと現在形1人称単数と同じ活用になってしまうのでアクセント記号の有無には気をつけてください。

ポイント

直説法点過去の3人称複数形(ellos, ellas, ustedes)の活用は、接続法過去形の活用のキーになっていきます。

直説法点過去形での vos の活用は tú と同じです。

ar 動詞の規則変化の活用(点過去形)

ar 動詞の規則変化の活用は以下の通りです。

主語活用語尾
yo-é

(vos)
-aste
él
ella
usted
-ó
nosotros
nosotras
-amos
vosotros
vosotras
-asteis
ellos
ellas
ustedes
-aron

例)caminar(カミナール)

caminar は「歩く」などの意味の ar 動詞です。

主語活用語尾
yocaminé
カミネ

vos
caminaste
カミナステ
él
ella
usted
caminó
カミノ
nosotros
nosotras
caminamos
カミナモス
vosotros
vosotras
caminasteis
カミナステイス
ellos
ellas
ustedes
caminaron
カミナロン
チャスカ
1人称複数(nosotros)の点過去の活用は現在形と同じです

er, ir 動詞の規則変化の活用(点過去形)

er 動詞とir 動詞の規則変化の活用は同じです。

主語活用語尾
yo-í

vos
-íste
él
ella
usted
-
nosotros
nosotras
-imos
vosotros
vosotras
-isteis
ellos
ellas
ustedes
-ieron

例)nacer(ナセール)er 動詞

nacer は「生まれる」などの意味の er 動詞です。

主語活用語尾
yonací
ナシ

vos
naciste
ナシステ
él
ella
usted
nac
ナシオ
nosotros
nosotras
nacimos
ナシモス
vosotros
vosotras
nacisteis
ナシステイス
ellos
ellas
ustedes
nacieron
ナシエロン

例)decidir(デシディール)ir 動詞

decidir は「決定する」などの意味の ir 動詞です。

主語活用語尾
yodecidí
デシディ

vos
decidiste
デシディステ
él
ella
usted
decid
デシディオ
nosotros
nosotras
decidimos
デシディモス
vosotros
vosotras
decidisteis
デシディステイス
ellos
ellas
ustedes
decidieron
デシディエロン

直説法点過去形の語幹母音変化と不規則変化の活用はこちらを参考にしてください。

参考直説法点過去形の語幹母音変化と不規則変化の活用

直説法点過去形の基本的な使い方

直説法点過去形の使い方は出来事や行為が終了・完結したものとして表します。

現在に継続されていない過去に起こった出来事・行為などです。

カラベラ
現在に継続されていることなら直説法現在形で言います

「公園を散歩した」「映画を見にいた」「交通事故があった」などなど

点過去形の使い方で考えると「公園を散歩する行為が完了したのはいつ?」ってなるので「昨日、公園を散歩した」といった文章にする方がいいです。

Ayer paseé por el parque.
アジェル パセエ ポル エル パルケ
昨日、私は公園を散歩した

La semana pasada fui al cine.
ラ セマナ パサダ フイ アル シネ
先週、私は映画を見に行った

Anoche hubo un accidente de tráfico.
アノチェ ウボ ウン アクシデンテ デ トラフィコ
昨夜、交通事故があった

点過去形の「点」にあまりこだわらない

上記の3つの例文は過去のある時点に起こった行為・出来事なので、時間の中の「点」として考えることができます。

おそらく点過去形といわれているのはこの使い方からきていると思います。

しかし

「私は5年間ペルーに住んでいた」「彼女は8時から11時まで働いた」といった一見「点」には見えない時間の幅のある行為や出来事にも点過去が多く用いられます。

限定された時間の範囲を表す表現が含まれる場合は点過去
チャスカ
点過去・線過去なんて用語にしてるからこのルールで混乱するんだよ

限定された時間の範囲を表す表現とは

todo el día(一日中)
toda la mañana(午前中ずっと)
en toda mi vida(生まれてからずっと)
cinco años(5年(間))
durante diez días(10日間)
desde las ocho hasta once(8時から11時)

など

Viví en Perú (durante) cinco años.
ビビ エン ペルー(ドゥランテ)シンコ アニョス
私は5年、ペルーに住んでいた

Ella trabajó desde las ocho hasta las once.
エジャ トラバホ デスデ ラス オチョ アスタ ラス オンセ
彼女は8時から11時まで働いた

こんな感じになります。

直説法点過去形と線過去形の違いについてはこちらを参考にしてください。

参考点過去と線過去の使い分け

 



翻訳会社ディコはスペイン語の翻訳のほかに英語・フランス語・ドイツ語など50以上の言語の翻訳に対応しています。

創業者のひとりのエミリオ・ガジェゴ氏は過去にNHKテレビ・ラジオのスペイン語講座に出演経験があったり、「スペイン語動詞の決め技」の著者(共著)でもあります。

【DICO(ディコ)】

【立体的スペイン語学習法】 スペイン語さくっと習得プログラム ~音声データファイル・耳で聞く問題集付~

LINE スタンプ作りました

LINEスタンプ(チャスカ日本語とスペイン語)

スペイン語と日本語のセリフを入れた LINE スタンプです。

初めて作った LINE スタンプです。

ネコキャラで名前はチャスカ。チャスカはケチュア語(ペルーなどの先住民族の言葉)で「明けの明星」という意味です。

スタンプの数は32個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(スペイン語と日本語)

 

LINEスタンプ(普段使えるバージョン)

2作目のスタンプ

スペイン語の表示はありませんが、よく使いそうなリアクションや表情をまとめたスタンプです。

いくつかのスタンプには日本語のセリフが入っています。

今作では目の表情などに力を入れてみました。

スタンプの数は40個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(普段使えるリアクション)

  • この記事を書いた人

ヨシ

旅行して好きなった国々の言語がスペイン語だったのでスペイン語を勉強しています。ラテンアメリカばかりを旅行していたので私のスペイン語はラテンアメリカのスペイン語になります。現在は北海道の片田舎に住んでます。

-スペイン語の文法, 動詞や分詞, 直説法
-,

Copyright© スペイン語の勉強ブログ , 2019 All Rights Reserved.