動詞や分詞

スペイン語のhay(動詞haber)とestarの意味の違い

2018年3月27日

スペイン語のhay(動詞haber)とestarの意味の違い
スペイン語の hay(動詞haber)と動詞 estar の意味や使いかたの違いを紹介しています。

hay や estar はともに「ある、いる」といった意味なのですが、hay と estar の使い分けが難しいと感じる人もいると思います。

簡単に言うと hay は「人や物の存在」を表し、動詞 estar は「人や物の所在」を表します。

では、もうすこし詳しく書いていきます。

スペイン語の hay(動詞haber)と estar の意味の違い

hay は人や存在を表し、estar は人や物の所在を表します。ちなみに hay は動詞 haber の3人称単数の活用です。

hay についてはこちらを参考にしてください。

参考hay(アイ)の意味は「~がある」存在を表す言葉

hay と estar の違いを表す例文でよく見かけるのがこんな感じの文です。

Hay un libro sobre la mesa.

El libro está sobre la mesa.

両方の文は「机の上に本がある」と訳せます。ではその違いとは?

Hay un libro の「本がある」はその本がどんな本なのか特定されていません。

(一冊)本が机の上に存在している」というのが本来の意味になると思います。

一方、 El libro está の「本がある」はその本がどんな本なのか特定されています(なので定冠詞 el を使っている)。例えば、話題に上がった本など。

その本(の所在)は机の上です」というのが本来の意味だと思います。

直訳から考えるとその違いがわかると思います。

チャスカ
定冠詞と不定冠詞の違いがわかると理解しやすいかもしれません

では、具体的な例を挙げて hay と estar の違いをみていきましょう。

あなたは初めてペルーに来ました。今あなたはリマのホルヘ・チャベス空港にいます。

手持ちのお金はUSドルと日本円です。ペルーの通貨ヌエボ・ソルが必要なあなたは両替所やATMで両替またはキャッシングをしなければなりません。

ただ、見渡す限りそのような所を見つけることができませんでした。

空港の案内所へ行き両替所やATMが空港内にあるかどうか、そしてどこにあるのかを知る必要があります。

あなたは空港内に両替所やATMがあるかどうかわかりません。ということはまず「存在」を確認する必要があります。

¿Hay una casa de cambio (un cajero automático)?
両替所(ATM)がありますか?

un や una は不定冠詞です。

話し手からすると、両替所がどの両替所かは重要ではありません、というかどのような両替所があるかも知らないのですから。

un や una は「ひとつの」という意味なのですが、日本語から考えると un や una の不定冠詞をつけるのに慣れていません。

実は hay を使って存在を表す場合、存在するものを複数形で言うと無冠詞で言うことができます。

¿Hay casas de cambio en este aeropuerto?
この空港には両替所がありますか?

¿Hay cajeros automáticos por aquí?
ここら辺にATMがありますか?

カラベラ
不加算名詞なら単数形を無冠詞にすることができます

※不定冠詞と無冠詞の違いをよく理解していないので間違ってるかもしれません。

「ありますよ」と返答が来たら、今度は所在の確認が必要になります。

¿Dónde está (la casa de cambio)?
(その両替所は)どこにありますか?

「ありますよ」と答えた人は具体的にどの両替所かをイメージして「あります」と答えたわけで、「あなたの頭の中に思い浮かんだその両替所」と両替所が特定されています。

特定されている人や物の所在を知りたいので estar が使われます。

(La casa de cambio) está cerca de la puerta 7.
(その両替所は)7番ゲートの近くにあります

「どこにありますか?」の返答もその特定されている両替所を指しているので estar が使われます。

estar を使った文では「存在するもの」が主語になりますが、hay を使った文では「存在するもの」が主語ではなりません。

hay の場合「存在するもの」が主語ではないので、¿Hay casas de cambio? と複数形を使っても hay が変わることがありません。

¿Dónde hay? とも言えるし、いきなり ¿Dónde está? とも言える

上記の例は「存在確認」そして「所在確認」という流れでした。

「空港には両替所やATMがあるだろう」という推測から「存在」と「所在」を同時に確認したい場合はこのように言っても問題ありません。

¿Dónde hay cajero automático?
ATMはどこにありますか?

逆に「空港には両替所やATMがあって当然だろう」といった考えやガイドブックなどで「空港に両替所やATMがある」と知っていた場合にはいきなり estar で言うことももちろん可能です。

¿Dónde está el cajero automático?
ATMはどこにありますか?

¿Dónde está un cajero automático?
ATMはどこにありますか?

google の検索ではダブルクオーテーション("")で囲うと、そのキーワードが書かれているページだけが検索結果に出てきます。

それぞれのフレーズで検索すると以下のような検索件数になりました。

  • ¿Dónde hay un cajero automático? 約 21,500 件
  • ¿Dónde hay cajero automático? 約 1,210 件
  • ¿Dónde está el cajero automático? 約 109,000 件
  • ¿Dónde está un cajero automático? 約 3,060 件

以上の単数形での質問の場合 google さんは最寄りのATMをマップでも教えてくれます。しかし複数形での質問の場合は最寄りのATMのマップは表示されませんでした。

  • ¿Dónde hay cajeros automáticos? 約 4,480 件
  • ¿Dónde están los cajeros automáticos? 約 153,000 件

 

ECC外語学院のスペイン語教室は東京(30校)以外では、神奈川県18校、千葉県5校、埼玉県9校、茨城県2校、栃木県3校、福島県3校、愛知県34校、静岡県5校、岐阜県3校、三重県3校、大阪府31校、兵庫県15校、京都府8校、滋賀県3校、奈良県7校、和歌山県1校、広島県1校、岡山県1校、福岡県3校、鹿児島県1校の20府県にあります。

公式サイトECCスペイン語コース

公式サイト【立体的スペイン語学習法】 スペイン語さくっと習得プログラム ~音声データファイル・耳で聞く問題集付~

LINE スタンプ作りました

LINEスタンプ(チャスカ日本語とスペイン語)

スペイン語と日本語のセリフを入れた LINE スタンプです。

初めて作った LINE スタンプです。

ネコキャラで名前はチャスカ。チャスカはケチュア語(ペルーなどの先住民族の言葉)で「明けの明星」という意味です。

スタンプの数は32個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(スペイン語と日本語)

 

LINEスタンプ(普段使えるバージョン)

2作目のスタンプ

スペイン語の表示はありませんが、よく使いそうなリアクションや表情をまとめたスタンプです。

いくつかのスタンプには日本語のセリフが入っています。

今作では目の表情などに力を入れてみました。

スタンプの数は40個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(普段使えるリアクション)

  • この記事を書いた人

ヨシ

旅行して好きなった国々の言語がスペイン語だったのでスペイン語を勉強しています。ラテンアメリカばかりを旅行していたので私のスペイン語はラテンアメリカのスペイン語になります。現在は北海道の片田舎に住んでます。

-動詞や分詞
-

Copyright© スペイン語の勉強ブログ , 2019 All Rights Reserved.