動詞や分詞

スペイン語のhay(動詞haber)と estar の意味の違い

2018年3月27日

動詞haber の3人称単数形の「hay」と動詞「estar」、ともに「ある、いる」と日本語に訳せるのですが、この hay と estar の使い分けが難しいと感じる人もいると思います。

hay は「人や物が存在することを表現する」ために用いられ、動詞estar は「人や物の所在を表す場合」に用いられる。と言われていますが、さて、これだけで理解出来たら悩む必要ないのですが、悩むということはピンと来てないからだと思うので、砕いて書いていこうと思います。

hayは存在、estarは所在ってどういうこと?

hay と estar の違いを表す例文でよく見かけるのが
Hay un libro sobre la mesa.
El libro está sobre la mesa.

こんな感じの文。

双方「机の上に本(hayの場合は一冊の本)がある」と訳せます。おそらく定冠詞・不定冠詞などの意味や役割を理解していない人にとって、このような単文での例文がますます混乱させている原因ではないのかなぁなんて感じてます。

想像してみてください。

あなたは初めてペルーに来ました。今あなたはリマのホルヘ・チャベス空港にいます。手持ちのお金はUSドルと日本円です。ペルーの通貨ヌエボ・ソルが必要なあなたは両替所やATMで両替またはキャッシングをしなければなりません。ただ、見渡す限りそのような所を見つけることができませんでした。空港の案内所へ行き両替所やATMが空港内にあるかどうか、そしてどこにあるのかを知る必要があります。(実際はすぐわかる場所に両方ともあるのですが、想像してください)

あなたは空港内に両替所やATMがあるかどうかわかりません。ということはまず存在」を確認する必要があります。
¿Hay una casa de cambio (un cajero automático)?

unやunaは不定冠詞です。話し手からすると、両替所がどの両替所かは重要ではありません、というかどのような両替所があるかも知らないのですから。そして、unやunaだと「ひとつの」という意味になってるので、これでもいいんだけど気持ち的に一件じゃなくあるなら漠然と知りたいというという感覚を持ったりします。そういった場合はunやunaの不定冠詞を取り除いて無冠詞にします(ついでに複数形にするとより良いかも)
¿Hay casa de cambio en este aeropuerto?
¿Hay cajeros automáticos por aquí?

※不定冠詞と無冠詞の違いをよく理解していないので間違ってるかもしれません。

「ありますよ」と返答が来たら、所在」の確認が必要となり
¿Dónde está (el cajero automático que me ha respondido "Sí")?

となります。「(私に「あります」と答えた、そのATMは)どこにありますか?」カッコ内は主語になり、que以降は普通は省略しますが定冠詞elが付く意味はque以降の理由があるからです。複数存在するとの返答だった場合、すべての所在を知りたかったら ¿Dónde están? と複数形で言います。

このようにestarを使う状況では「存在するもの」が主語になるので動詞estarの活用はその主語の人称単複に依存します。一方、hayの場合は存在するものが主語ではありません。なので単数形でも複数形でも「hay」なのです。

なぜか?はわかりません。ごめんなさい。「そういうものだ!」と覚えなさいと言われたのでそれに従っています。

ペンギン
動詞estar の活用や意味はこちらでまとめています。

【参考】スペイン語の動詞 estar の意味と活用まとめ

¿Dónde hay? とも言えるし、いきなり¿Dónde está?とも言える

上記の例は「存在確認」そして「所在確認」という流れでした。

「空港には両替所やATMがあるだろう。」という推測から「存在」と「所在」を同時に確認したい場合は
¿Dónde hay cajero automático?
と言っても問題ありません。

では、いきなり ¿Dónde está el cajero automático? と言える状況を考えていきましょう。

話し手は、以前にこの空港を訪れたことがあり、そしてATMを利用した、または見かけたことがあります。
「(以前来たときはそこにあったんだけど)そのATMはどこにありますか?」
などの理由がある場合はいきなり ¿Dónde está? と言えます。

ただ聞き手は「そのATM」を認識していないので「以前、そこにあった」ということを伝えた方がいいです。(というか伝えないとダメかも)
¿Dónde está el cajero automático que estaba ahí antes?

hay と estar の使い分けの例文

たぶん合ってると思いますが、hay と estar の使い分けた例文を書きました。(点過去と線過去の使い分けあってるかなぁ。。。)

ico_003

Hay tres libros sobre aquella mesa...
¿De quién serán?

チャスカ

Son tuyos. jajaja

ico_003

¿Quéeee? ¿Por qué están aquí?
No estaban cuando vine acá hace una hora.

チャスカ

¿Había alguien mientras estabas aquí?

ico_003

¡Sí, estuvo Juan!

チャスカ

Entonces, pregúntaselo.

 



翻訳会社ディコはスペイン語の翻訳のほかに英語・フランス語・ドイツ語など50以上の言語の翻訳に対応しています。

創業者のひとりのエミリオ・ガジェゴ氏は過去にNHKテレビ・ラジオのスペイン語講座に出演経験があったり、「スペイン語動詞の決め技」の著者(共著)でもあります。

【DICO(ディコ)】

【立体的スペイン語学習法】 スペイン語さくっと習得プログラム ~音声データファイル・耳で聞く問題集付~

LINE スタンプ作りました

LINEスタンプ(チャスカ日本語とスペイン語)

スペイン語と日本語のセリフを入れた LINE スタンプです。

初めて作った LINE スタンプです。

ネコキャラで名前はチャスカ。チャスカはケチュア語(ペルーなどの先住民族の言葉)で「明けの明星」という意味です。

スタンプの数は32個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(スペイン語と日本語)

 

LINEスタンプ(普段使えるバージョン)

2作目のスタンプ

スペイン語の表示はありませんが、よく使いそうなリアクションや表情をまとめたスタンプです。

いくつかのスタンプには日本語のセリフが入っています。

今作では目の表情などに力を入れてみました。

スタンプの数は40個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(普段使えるリアクション)

  • この記事を書いた人

ヨシ

旅行して好きなった国々の言語がスペイン語だったのでスペイン語を勉強しています。ラテンアメリカばかりを旅行していたので私のスペイン語はラテンアメリカのスペイン語になります。現在は北海道の片田舎に住んでます。

-動詞や分詞
-

Copyright© スペイン語の勉強ブログ , 2019 All Rights Reserved.