スペイン語の文法 動詞や分詞 直説法

スペイン語の直説法未来形の動詞の活用(規則・不規則)と使い方

更新日:

futuro-gramatical

スペイン語の直説法の未来形の動詞の活用と基本的な使い方を紹介します。
スペイン語の未来形に活用された動詞は純粋に未来の事柄を指すときに用いるほか、疑念や憶測などのニュアンスが入る現在の状況に用いたりもします。

直説法未来形の動詞の活用(規則・不規則)

※未来形での vos の活用も tú と同じです。

未来形の規則活用

未来形の規則活用では -ar, -er, -ir 動詞の区別なく共通の活用語尾になります。また、規則活用の活用語尾は不定詞本体の後ろに連結されます。

未来形規則活用の活用語尾
主語 活用語尾 主語 活用語尾
yo nosotros
nosotras
-emos

vos
-ás vosotros
vosotras
-éis
él
ella
usted
ellos
ellas
ustedes
-án
未来形規則活用例
gastar
ガスタール
(お金を)使う
cnocer
コノセール
知る
seguir
セギール
追う、続く
gastaré
ガスタレ
cnoceré
コノセレ
seguiré
セギレ
gastarás
ガスタラス
cnocerás
コノセラス
seguirás
セギラス
gastará
ガスタラ
cnocerá
コノセラ
seguirá
セギラ
gastaremos
ガスタレモス
cnoceremos
コノセレモス
seguiremos
セギレモス
gastaréis
ガスタレイス
cnoceréis
コノセレイス
seguiréis
セギレイス
gastarán
ガスタラン
cnocerán
コノセラン
seguirán
セギラン

未来形の不規則活用

「e」が無くなる

活用語尾は規則活用と同じです。

例)caber「入り得る」の活用形
主語 活用形 主語 活用形
yo cabré
カブレ
nosotros
nosotras
cabremos
カブレモス

vos
cabrás
カブラス
vosotros
vosotras
cabréis
カブレイス
él
ella
usted
cabrá
カブラ
ellos
ellas
ustedes
cabrán
カブラン
同じ活用をする動詞
haber アベール ある
habré, habrás, habrá, habremos, habréis, habrán
poder ポデール ~できる
podré, podrás, podrá, podremos, podréis, podrán
querer ケレール 欲する
querré, querrás, querrá, querremos, querréis, querrán
saber サベール 知る
sabré, sabrás, sabrá, sabremos, sabréis, sabrán

「e」または「i」が「d」に代わる

活用語尾は規則活用と同じです。

例)poner「置く」の活用形
主語 活用形 主語 活用形
yo pondré
ポンドゥレ
nosotros
nosotras
pondremos
ポンドゥレモス

vos
pondrás
ポンドゥラス
vosotros
vosotras
pondréis
ポンドゥレイス
él
ella
usted
pondrá
ポンドゥラ
ellos
ellas
ustedes
pondrán
ポンドゥラン
同じ活用をする動詞
salir サリール 出る
saldré, saldrás, saldrá, saldremos, saldréis, saldrán
tener テネール 持つ
tendré, tendrás, tendrá, tendremos, tendréis, tendrán
valer バレール 価値のある
valdré, valdrás, valdrá, valdremos, valdréis, valdrán
venir ベニール 来る
vendré, vendrás, vendrá, vendremos, vendréis, vendrán

※vender(ベンデール)「売る」の未来形は規則活用なのでvenderé(ベンデレ), venderás, venderá, venderemos, venderéis, venderán ですのでvenirと混同しないように注意してください

decir(デシール)

decir「言う」の活用形
主語 活用形 主語 活用形
yo diré
ディレ
nosotros
nosotras
diremos
ディレモス

vos
dirás
ディラス
vosotros
vosotras
diréis
ディレイス
él
ella
usted
dirá
ディラ
ellos
ellas
ustedes
dirán
ディラン

hacer(アセール)

hacer「する」の活用形
主語 活用形 主語 活用形
yo haré
アレ
nosotros
nosotras
haremos
アレモス

vos
harás
アラス
vosotros
vosotras
haréis
アレイス
él
ella
usted
hará
アラ
ellos
ellas
ustedes
harán
アラン

【参考】スペイン語の動詞 hacer「する、作る、(天候が)~である」の活用と意味まとめ

直説法未来形の使い方

未来の事柄を表す

スペイン語で未来を表す時には、現在形、動詞ir + a + 不定詞、そして未来形の活用の動詞などを用います。
「現在形」を用いる場合は「直説法現在形の使われ方」でも書きましたが確実にわかっている予定や習慣など限定的です。

「動詞ir + a + 不定詞」と「未来形の活用」の違いは、あまりわかっていないです。「動詞ir + a + 不定詞」は口語で使われるもの、かな?と。新聞紙面ではそんなに見なかったように記憶しています。チャットやメールはどうなんだ?と言ったら、チャットは口語。メールは相手によるかなぁと思っています。

近い未来を「動詞ir + a + 不定詞」、遠い未来を「未来形の活用」ってことを聞いたことはありますが

Iremos a la capital mañana.
「イレモス ア ラ カピタル マニャーナ」

明日、私たちは首都へ行くでしょう。

なんていう風に言っても全然間違えではないですからね、話し手の主観でいいのかと思います。

個人的には「動詞ir + a + 不定詞」の方がより達成率が高く、なのであまり遠い未来では使わないかも。「未来形の活用」は5割以上の確率でするだろう事柄に使う感じですかね。それ以下の確率の事柄をいう時は可能法や接続法などを使うイメージですが、たぶん筆者は出来てません。


限られた事柄だとは思いますが、

Yo tengo un plan viajar a Suecia dentro de tres años.
「ジョ テンゴ ウン プラン ビアハール ア スエシア デントロ デ トレス アーニョス」

3年後にスウェーデンを旅行する計画があります。

なんて言い方で未来のことを言えたりもしますからね。

未来形に活用された動詞が現在形の文章で使われた時「疑念や憶測などのニュアンス」が入る

「未来の事柄について言う」ってことはすぐ理解できると思いますが、未来形の活用をした動詞には他に疑念や憶測などのニュアンスが含まれて現在の話に用いられることがあります。

例えば、何人かいる部屋でドアがノックされた時など、部屋の中にいる人同士で「ノックしたのは誰かなぁ?」と言う時に ¿Quién tocará la puerta?(キエン トカラ ラ プエルタ?)と言ったりします。

¿Quién toca la puerta?(キエン トカ ラ プエルタ?)と言っても問題はないと思いますが、¿Quién tocará la puerta? の方には話し手の意図というか、「おそらくこの面子にドアをノックした人が誰なのかを知っている人はいないだろう」といったものを感じることが出来るのです。

¿Quién tocó la puerta?(キエン トコ ラ プエルタ?)と点過去では言わないの?と思う人もいると思いますが、間違っているかもしれないですがこの状況では点過去で尋ねません。点過去で尋ねる状況は、誰かがノックをした人を確認しに行って戻ってきたときに「誰だったの?」と聞く時だと筆者は考えています。


他の例えでは、友達と街中を歩いている時に芸能人とすれ違って「今の〇〇じゃね?」みたいなことを言ったりすると思うのですが、そういったときは ¿Será 〇〇? と言います。

この文章では、話し手本人が〇〇かどうか確信を持っていないとか、聞き手が話し手以上によそ見などをしていたりして〇〇に対して注意がいっていない状況などを感じることが出来ます。

 

スペイン語の文法を勉強するなら「NHK出版 これならわかるスペイン語文法」を持っていると便利!

初級から中級までの文法はこれ1冊で十分勉強できます!

【参考】スペイン語の文法書「NHK出版 これならわかるスペイン語文法」がいい参考書だと思う

-スペイン語の文法, 動詞や分詞, 直説法
-

Copyright© スペイン語の勉強ブログ , 2018 All Rights Reserved.