会話で使えるスペイン語

deber,tener que,hay queスペイン語の「しなければならない」の表現

2016年4月22日

deber,tener que,hay queスペイン語の「しなければならない」の表現

スペイン語の義務を伝える表現には deber, tener que, hay que の3つがあります。

日本語訳ではそれぞれ「~しなければならない」と訳せるのですがニュアンスがちょっと違ったりします。

本記事では、deber, tener que, hay que 3つのしなければならないの違いなどを紹介していきます。

スペイン語の義務表現「~しなければならない」

スペイン語の義務表現「~しなければならない」の動詞 deber(デベール)、動詞 tener que(テネール ケ)、hay que(アイ ケ)を詳しく紹介していきます。

動詞 deber + 不定詞の「~しなければならない」

動詞 deber の意味自体が「~しなければならない」で3つの中で一番強い義務のニュアンスがあります。

文章によっては「~すべきだ」と断定的に訳すことの方がいいこともあります。

Debemos regresar.
デベモス レグレサール
私たちは戻らなければならない

Debes ayudarla.
デベス アジュダールラ
君は彼女を助けなければならない

Debiste hacerlo.
デビステ アセールロ
君はそれをするべきだった

否定文は「するべきではない、してはいけない」

否定文 no deber + 不定詞は「するべきではない、してはいけない」といった意味で、禁止のニュアンスが出てきます。

No debes tocarlo.
ノ デベス トカールロ
君はそれに触ってはいけない

No debes decir eso.
ノ デベス デシール エソ
それを言ってはいけない

No deben entrar.
ノ デベン エントラール
あなたたちは入ってはいけない

このように1人称(私、私たち)以外の場合は肯定・否定文ともに強い義務・禁止のニュアンスがあるので、相手によっては不快に感じることもあるので注意してください。

deber の可能法(過去未来)の活用で柔らかく言う

可能法(過去未来)には婉曲表現のニュアンスが含まれているので、deber の可能法の活用を使うと柔らかい言い回しになります。

日本語だと「すべきじゃないか、したほうがいいのではないか」などといった感じになります。

Deberías ayudarla.
デベリアス アジュダールラ
君は彼女を助けるべきじゃなか

Deberías saberlo.
デベリアス サベールロ
君はそれを知っておいた方がいいよ

Deberían trabajar más.
デベリアン トラバハール マス
彼らはもっと働くべきじゃないか

動詞 deber の活用や基本的な意味についてはこちらを参考にしてください。

参考動詞 deber「すべきである、しなければいけない」の活用と意味【例文あり】

動詞 tener que + 不定詞の「~しなければならない」

動詞 tener que + 不定詞の「~しなければならない」は義務よりは必要性のニュアンスがある表現だと思います。

分解すると tener は「持つ」という意味で、que + 不定詞が「~すべき」という意味になります。

直訳で「(主語は)~すべきことを持っている」となり「する必要がある、しないといけないことがある」⇒「しなければならない」となっている思います。

Tengo muchas cosas que hacer.
テンゴ ムチャス コサス ケ アセール
私にはすべきことがたくさんある

Tengo que hacer muchas cosas.
テンゴ ケ アセール ムチャス コサス
私はたくさんのことをしなければならない

Tenemos que limpiar la cocina.
テネモス ケ リンピアール ラ コシナ
私たちは台所を片付けないといけない

Tenías que estudiar inglés.
テニアス ケ エストゥディアール イングレス
君は英語を勉強しなければならなかった(勉強する必要があった)

否定文は「する必要はない、しなくてもいい」

否定文 no tener que + 不定詞は「する必要のない、しなくてもいい」といった意味で禁止とはちょっと違うニュアンスになります。

これも直訳で「するべきことを持っていない」⇒「する必要がない」と考えれば理解しやすいのかなと思います。

No tenemos que apurarnos.
ノ テネモス ケ アプラールノス
私たちは急ぐ必要がない

Hoy no tienen que ir a la escuela.
オイ ノ ティエネン ケ イール ア ラ エスクエラ
今日、彼らは学校へ行く必要がない

No tenías que tomar un taxi.
ノ テニアス ケ トマール ウン タクシ
君はタクシーに乗る必要がなかったのに

動詞 tener の活用や基本的な意味についてはこちらを参考にしてください。

参考動詞 tener「持つ、ある」の活用と意味【例文あり】

hay que + 不定詞の「~しなければならない」

hay que + 不定詞の「~しなければならない」は「一般的に、常識として(人々は)しなければいけない」といったニュアンスです。

「(人は)法律を守らなければならない」とか「(この国では一般的に)バスを止める時に手を上げなければならない」などなど。

そういった理由から hay que + 不定詞の文には主語が存在しません。

ちなみに hay は動詞 haber の直説法現在形3人称単数の活用になります。

Hay que cumplir las reglas.
アイ ケ クンプリール ラス レグラス
(人は)ルールを守らなければならない

Al subir al colectivo, hay que pagar con monedas.
アル スビール アル コレクティボ、アイ ケ パガール コン モネダス
バスに乗るときに硬貨で支払わなければならない

否定文は「しなくてもいい」

否定文 no hay que + 不定詞は「しなくてもいい」など no tener que + 不定詞と同じような意味になります。

No hay que pensar así.
ノ アイ ケ ペンサール アシ
そのように考える必要はない

No hay que perder la esperanza.
ノ アイ ケ ペルデール ラ エスペランサ
希望を失わなくていい

個人的なことにも hay que を使う人はいる

hay que + 不定詞の「しなければならない」は一般的な、人々が常識として行う義務や行動を表すと紹介しました、これは文法書などに書かれていたりグアテマラでスペイン語を習った時もそう教わりました。

でも

Ay, hay que comprar sal.
アイ、アイ ケ コンプラール サル
あっ、塩を買わなくちゃ(買いに行かなくちゃ)

なんて、個人的なことを言う人もいます。

動詞 haber の活用や基本的な意味についてはこちらを参考にしてください。

参考動詞 haber「~がある(いる)」の活用と意味【例文あり】

スペイン語の「しなければならない」の表現の例文

チャスカ

Pago con tarjeta de crédito.

カラベラ

Lo siento. No la acepto, tiene que pagar en efectivo.

チャスカ

De acuerdo. ¿Sabe dónde hay un cajero automático más cercano?

カラベラ

Lo puede encontrar en la esquina de esta calle.

例文のスペイン語の意味や表現

pago払う
不定詞pagar1人称単数・現在形
tarjeta de créditoクレジットカード
Lo sientoすみません。残念です。
aquíここ
acepto受け入れる
不定詞aceptar1人称単数・現在形
tiene持つ
不定詞tener3人称単数・現在形
tener + que~しなければならない
efectivo現金
De acuerdo了解しました
sabe知る
不定詞saber3人称単数・現在形
dóndeどこ
hayある
不定詞haber3人称単数・現在形
cajero automáticoATM
másもっと
cercano近く
puede~することができる
不定詞poder3人称単数・現在形
encontrar出会う、みつける
esquina
calle通り

 

ECC外語学院のスペイン語教室は東京(30校)以外では、神奈川県18校、千葉県5校、埼玉県9校、茨城県2校、栃木県3校、福島県3校、愛知県34校、静岡県5校、岐阜県3校、三重県3校、大阪府31校、兵庫県15校、京都府8校、滋賀県3校、奈良県7校、和歌山県1校、広島県1校、岡山県1校、福岡県3校、鹿児島県1校の20府県にあります。

公式サイトECCスペイン語コース

公式サイト【立体的スペイン語学習法】 スペイン語さくっと習得プログラム ~音声データファイル・耳で聞く問題集付~

LINE スタンプ作りました

LINEスタンプ(チャスカ日本語とスペイン語)

スペイン語と日本語のセリフを入れた LINE スタンプです。

初めて作った LINE スタンプです。

ネコキャラで名前はチャスカ。チャスカはケチュア語(ペルーなどの先住民族の言葉)で「明けの明星」という意味です。

スタンプの数は32個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(スペイン語と日本語)

 

LINEスタンプ(普段使えるバージョン)

2作目のスタンプ

スペイン語の表示はありませんが、よく使いそうなリアクションや表情をまとめたスタンプです。

いくつかのスタンプには日本語のセリフが入っています。

今作では目の表情などに力を入れてみました。

スタンプの数は40個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(普段使えるリアクション)

  • この記事を書いた人

ヨシ

旅行して好きなった国々の言語がスペイン語だったのでスペイン語を勉強しています。ラテンアメリカばかりを旅行していたので私のスペイン語はラテンアメリカのスペイン語になります。現在は北海道の片田舎に住んでます。

-会話で使えるスペイン語
-,

Copyright© スペイン語の勉強ブログ , 2019 All Rights Reserved.