会話で使えるスペイン語

スペイン語の「~しなければならない」という表現

投稿日:2016年4月22日 更新日:

paso027

日本語の「~しなければならない」という意味にあたるスペイン語は主に「deber」「tener + que」「hay + que」の3通りの言い方があります。「deber」「tener + que」の二つと「hay + que」では使われ方が違ったりしますので、そんな説明を書いています。

Tiene que pagar en efectivo.「現金で払わなければなりません。」

ico_003

Pago con tarjeta de crédito.

ico_005

Lo siento. No la acepto, tiene que pagar en efectivo.

ico_003

De acuerdo. ¿Sabe dónde hay un cajero automático más cercano?

ico_005

Lo puede encontrar en la esquina de esta calle.

例文のスペイン語の意味や表現

pago払う 不定詞pagar 1人称単数・現在形
tarjeta de créditoクレジットカード
Lo sientoすみません。残念です。
aquíここ
acepto受け入れる 不定詞aceptar 1人称単数・現在形
tiene持つ 不定詞tener 3人称単数・現在形
tener + que~しなければならない
efectivo現金
De acuerdo了解しました
sabe知る 不定詞saber 3人称単数・現在形
dóndeどこ
hayある 不定詞haber 3人称単数・現在形
cajero automáticoATM
másもっと
cercano近く
puede~することができる 不定詞poder 3人称単数・現在形
encontrar出会う、みつける
esquina
calle通り

動詞pagar「払う」について
クレジットカードやトラベラーズチェック(cheque de viajero)で払うと言う時は pagar con tarjeta de crédito / pagar con cheque de viajero と前置詞conを用いますが、
現金で払うと言う時には pagar en efectivo と前置詞enを用います。

スペイン語で言う「~しなければならない」

冒頭にも書きましたが「~しなければならない」などの義務感を伝えるスペイン語の表現には代表的なものが3つあります。動詞deber(デベール)、動詞tener + que そして hay + que です。

hay + que は一般的にみんながする義務的行為について話す時に用います。例えば、「信号を守らなければなりません。」などの状況で使われるもので、「私は~~しなければならない」「あなたが~~しなければならない」など特定の人に対してつかうものではありません。

一方、deber と tener + que は具体的な主語が存在しこれを用います。なので「私は~~しなければならない」「あなたが~~しなければならない」といった場合はこちらで表現していきます。

あと、deber と tener + que に大きな違いは無いと考えていますが、tener + que では「~すべきことがある」といった感じの訳になることもあるかなぁと感じています。

deber + 不定詞

El debe estudiar más para pasar el examen.
「エル デベ エストゥディアール マス パラ パサール エル エクサメン」

彼は試験に合格するためにもっと勉強しなければならない。


Los niños no deben fumar.
「ロス ニーニョス ノ デベン フマール」

子供はタバコを吸ってはいけない(すべきではない)。

tener + que + 不定詞

¿Tienes algo que hacer hoy?
「ティエネス アルゴ ケ アセール オイ?」

君は今日何かしなければならないことがある?


Tengo que sacar dinero de un cajero automático.
「テンゴ ケ サカール ディネロ デ ウン カヘロ アウトマティコ」

私はATMでお金を引き出さないといけない。

hay + que + 不定詞

「(一般に人が)~しなければならない」といったように具体的な主語が存在しませんのでhayが変化することはありません。一般的な義務を表します。

¿Hay que comprar el boleto antes de subir al tren.
「アイ ケ コンプラール エル ボレト アンテス スビール アル トレン」

列車に乗る前に切符を買わなければなりません。


¿Hay que respetar el semáforo.
「アイ ケ レスペタール エル セマフォロ」

信号を守らなければなりません。

旅行しながらスペイン語を勉強したり、現地の人とコミュニケーションをしたいときは「指さし会話帳」があるととても便利です!

スペイン語は多くの国で話されているので、国ごとに方言や言い回しの違う表現があります。

「指さし会話帳」は国単位の会話帳なので、その国独特の言い方もわかるのでとてもいい会話本です。

  • この記事を書いた人

ヨシ

旅行して好きなった国々の言語がスペイン語だったのでスペイン語を勉強しています。ラテンアメリカばかりを旅行していたので私のスペイン語はラテンアメリカのスペイン語になります。現在は北海道の片田舎に住んでます。

-会話で使えるスペイン語
-

Copyright© スペイン語の勉強ブログ , 2019 All Rights Reserved.