会話で使えるスペイン語

スペイン語の痛みの表現と痛みの場所(体の部位)

2016年4月21日

スペイン語の痛みの表現と痛みの場所(体の部位)

スペイン語で「お腹が痛いです」「頭が痛いです」など痛みの表現を紹介します。

あわせて、「お腹」「頭」など痛みの箇所(体の部位)の単語もまとめています。

スペイン語で痛みを伝える動詞は doler、名詞は dolor

スペイン語で痛みを伝える時に使う言葉、動詞は doler、名詞は dolor が一般的です。

動詞 doler は向き違いの動詞で「私はお腹が痛い」という時、スペイン語の文章では痛い箇所(ここではお腹)が主語になり「私」は間接目的語になるので注意してください。

名詞 dolor で表現するときは動詞 tener を使って「私はお腹の痛みを持っている」といった文で「私はお腹が痛い」表現していきます。

では、それぞれ詳しく書いていきます。

動詞 doler を使って痛みを伝える

先に書きましたが、動詞 doler を使って痛みを表現するときは痛みのある部位が主語になります。

間接目的格人称代名詞 + doler + 痛みの部位(主語)

「私はお腹が痛い」という場合はまず「お腹が痛い」という文を作ります。お腹は el estómago。

El estómago duele.
エル エストマゴ ドゥエレ
お腹が痛い

でもスペイン語ではこれだけでは言いません。「誰のお腹?」となるからです。

「私のお腹」なので mi estómago と言いいたくなりますが、この言い方も間違いなんです。

doler を使った文章で、痛んでいる人は間接目的語(a + 人)で表します。

なので「私はお腹が痛い」はこう言えます。

El estómago duele a mí.
エル エストマゴ ドゥエレ ア ミ
直訳)お腹は私に痛みを与える

この文、間違いではないけど実際はこのように言いません

a mí を間接目的格人称代名詞 me に置き換えてこう言います。

(A mí) me duele el estómago.
(ア ミ)メ ドゥエレ エル エストマゴ
私のお腹が痛い

チャスカ
a mí は言っても言わなくても大丈夫

ここまでごちゃごちゃと書いてきましたが、以下の表を暗記すればOKです。

私はお腹が痛いですMe duele el estómago.
メ ドゥエレ エル エストマゴ
君はお腹が痛いですTe duele el estómago.
テ ドゥエレ エル エストマゴ
彼(彼女)はお腹が痛いですLe duele el estómago.
レ ドゥエレ エル エストマゴ
私たちはお腹が痛いですNos duele el estómago.
ノス ドゥエレ エル エストマゴ
君たちはお腹が痛いですOs duele el estómago.
オス ドゥエレ エル エストマゴ
彼ら(彼女ら)はお腹が痛いですLes duele el estómago.
レス ドゥエレ エル エストマゴ

体の痛みを伝える時はほぼ単数形ですが、肺は2つあるので確か複数形で言っていたと思います。

ほかに「両手が痛い」と言う場合も複数形になります。

痛い箇所(主語)が複数形のときはduelen(ドゥエレン)となります。

私は肺が痛いですMe duelen los pulmones.
メ ドゥエレン ロス プルモネス
君は肺が痛いですTe duelen los pulmones.
テ ドゥエレン ロス プルモネス
彼(彼女)は肺が痛いですLe duelen los pulmones.
レ ドゥエレン ロス プルモネス
私たちは肺が痛いですNos duelen los pulmones.
ノス ドゥエレン ロス プルモネス
君たちは肺が痛いですOs duelen los pulmones.
オス ドゥエレン ロス プルモネス
彼ら(彼女ら)は肺が痛いですLes duelen los pulmones.
レス ドゥエレン ロス プルモネス

doler を使った痛みの表現は体の痛みだけではなく、例えば「借金が痛い」Me duele la deuda.(メ ドゥエレ ラ デウダ)みたいな表現もできます。

カラベラ
3人称単複の活用(duele, duelen)だけ覚えておけば痛みの表現ができるよ

動詞 doler の活用と基本的な意味はこちらを参考にしてください。

参考動詞 doler「痛む、痛い」の活用と意味【例文あり】

名詞 dolor を使って痛みを伝える

名詞 dolor を使って痛みを伝える場合は動詞 tener を使っていきます。

動詞 tener + dolor + 前置詞 de + 痛みの部位

「痛みを持っている人」が主語で、その主語にあわせて tener が活用します。

「〇〇(痛みの部位)の痛みを持っている」といった直訳から「〇〇が痛い」となります。

チャスカ
動詞 doler でうまく言えないなら、こっちの言い方でもOK

この言い方の場合では、痛む箇所の名詞に冠詞を付けないみたいです。

Tengo dolor de estómago.
テンゴ ドロール デ エストマゴ
私はお腹が痛い

Tengo dolor de cabeza.
テンゴ ドロール デ カベサ
私は頭が痛いです。

Tengo dolor de garganta.
テンゴ ドロール デ ガルガンタ
私はのどが痛いです。

痛みの部位(体の部位)の単語一覧

痛みを伝える表現を知れても、痛い箇所が言えないと始まりませんね。

基本的なものだけですが体の部位の単語をまとめました。

el cuerpo
エル クエルポ
la cabeza
ラ カベサ
la cara
ラ カラ
el ojo
エル オホ
la oreja
ラ オレハ
la nariz
ラ ナリス
la boca
ラ ボカ
くちびるel labio
エル ラビオ
歯・前歯el diente
エル ディエンテ
奥歯la muela
ラ ムエラ
la lengua
ラ レングア
のどla garganta
ラ ガルガンタ
el brazo
エル ブラソ
la mano
ラ マノ
el dedo
エル デド
el pulmón
エル プルモン
心臓el corazón
エル コラソン
胃・お腹el estómago
エル エストマゴ
la barriga
ラ バリガ
la pierna
ラ ピエルナ
el pie
エル ピエ

動詞dolerを使った痛みの表現の例文

チャスカ

Me duele el estómago.

カラベラ

¡Dios mío! ¿Comiste algo en mal estado?

チャスカ

No sé. ¿Es mejor ir al hospital?

カラベラ

¡Claro que sí!

例文のスペイン語の意味や表現

me私に
duele痛い
不定詞doler 3人称単数・現在形
estómago
¡Dios mío!あら!なんてことだ!
comiste食べた
不定詞comer 2人称単数・過去形
algo何か
mal悪い
estado状態
知る
不定詞saber 1人称単数・現在形
mejorより良い
ir行く
hospital病院
claro明るい
¡Claro que sí!もちろん!そうすべき!

 



翻訳会社ディコはスペイン語の翻訳のほかに英語・フランス語・ドイツ語など50以上の言語の翻訳に対応しています。

創業者のひとりのエミリオ・ガジェゴ氏は過去にNHKテレビ・ラジオのスペイン語講座に出演経験があったり、「スペイン語動詞の決め技」の著者(共著)でもあります。

【DICO(ディコ)】

【立体的スペイン語学習法】 スペイン語さくっと習得プログラム ~音声データファイル・耳で聞く問題集付~

LINE スタンプ作りました

LINEスタンプ(チャスカ日本語とスペイン語)

スペイン語と日本語のセリフを入れた LINE スタンプです。

初めて作った LINE スタンプです。

ネコキャラで名前はチャスカ。チャスカはケチュア語(ペルーなどの先住民族の言葉)で「明けの明星」という意味です。

スタンプの数は32個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(スペイン語と日本語)

 

LINEスタンプ(普段使えるバージョン)

2作目のスタンプ

スペイン語の表示はありませんが、よく使いそうなリアクションや表情をまとめたスタンプです。

いくつかのスタンプには日本語のセリフが入っています。

今作では目の表情などに力を入れてみました。

スタンプの数は40個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(普段使えるリアクション)

  • この記事を書いた人

ヨシ

旅行して好きなった国々の言語がスペイン語だったのでスペイン語を勉強しています。ラテンアメリカばかりを旅行していたので私のスペイン語はラテンアメリカのスペイン語になります。現在は北海道の片田舎に住んでます。

-会話で使えるスペイン語
-, ,

Copyright© スペイン語の勉強ブログ , 2019 All Rights Reserved.