スペイン語の文法 名詞・冠詞

スペイン語の中性定冠詞 lo の使いかた

スペイン語の中性定冠詞 lo の使いかた

スペイン語の定冠詞には中性の「lo」があります。

スペイン語の冠詞は名詞の性・数に合わせるのですが、スペイン語には中性の名詞は存在しません

では、中性の lo はどう使うのか?

中性の lo は名詞以外の語句を名詞化するという働きがあります。

本記事ではスペイン語の定冠詞の中性の lo の使いかたを紹介しています。

ここに注意

スペイン語の lo には定冠詞の中性の lo 以外に直接目的格人称代名詞の3人称単数男性の lo、中性の lo があるので取り違えないように気をつけてください。

また、定冠詞の中性の lo には複数形がありません。

lo + 名詞以外の語句(形容詞、過去分詞など)

lo + 形容詞、過去分詞などの組み合わせでその語句を名詞のように扱います。

意味は「~のこと」となることが多いです。

lo + 形容詞

lo bueno「良いこと

Lamentablemente, lo bueno cuesta dinero.
残念ながら、良いことには金がかかる。

lo malo「悪いこと

Prefieres creer lo malo antes que lo bueno.
君は良いことより先に悪いことを信じるよね~

lo importante「重要なこと

Ese señor ha dicho ya todo lo importante.
その紳士はすでに重要なことすべてを言った。

lo + más(menos) + 形容詞

このかたちは形容詞によって日本語の意味が少し変わってきます。

「この上なく(最も)~~な(こと)」

río lo más limpio.
この上なく澄んだ川

Lo más importante es que vuelvas sin problema.
もっとも重要なことは無事に君が戻ってくることだ。
※この文では従属節は接続法になります。

Lo que estás diciendo es lo menos urgente.
君が言っていることは最も緊急性のないことです。

posible「可能な」を使う際には「できる限り~~な(こと)」などの意味になります。

Esperamos que la decisión se adopte lo más rápidamente posible.
私たちはその決議ができるだけ早く採択されることを願っています。

Debemos procurar limitar este uso lo más posible.
私たちはできるだけこの使用・用法を制限しようとするべきです。

lo + 過去分詞

lo dicho「言ったこと

Esto no tiene nada que ver con lo dicho anteriormente.
これは以前に言ったことと何も関係ないです。

lo hecho「したこと

Lo hecho, hecho está.
したことはしたこと。(やってしまったものはやってしまったものだよ)
※語順が違いますがShakiraの曲の「Lo hecho está hecho」と同じ意味です。

lo + 所有詞強形

lo mío「私のこと(もの)」

Lo tuyo es mío, lo mío es mío.
お前のものは俺のもの、俺のものは俺のもの

lo + de + 〇〇「~のこと」

Ella riñó con su madre esta tarde por lo de ayer.
彼女は昨日のことで、今日の午後に母親とケンカした。

El color de los cascos es lo de menos.
ヘルメットの色はささいなこと(ヘルメットの色なんて大した問題じゃない)

lo + que + 文

文の部分を全て名詞化にします。「~する(した)こと」という意味になります。

Lo que me has dicho.
君がわたしに言ったこと

Lo que necesitamos ahora es acción y flexibilidad.
私たちが今必要とするのは、行動と柔軟性です

lo + 形容詞 / 副詞 + que + 文

このかたちでは「いかに~~か」という意味になります。

No sabes lo difícil que es esta situación.
この状況がどんなにむずかしいか君はわかっていない。(difícilは形容詞)

No sabía lo cerca que vives.
君がこんな近くに住んでいたとは知らなかった。(cercaは副詞)

 


筆者が持っているスペイン語の文法書は「中級スペイン文法」と「NHK出版 これならわかるスペイン語文法 入門から上級まで」の2冊です。

ゼロからスペイン語の勉強を始める方にはちょっと難しいかもしれませんが、初級者から理解しやすいのが「NHK出版 これならわかるスペイン語文法 入門から上級まで」です。

「NHK出版 これならわかるスペイン語文法 入門から上級まで」については私なりの読んだ感想を書いていますので参考にしていただけるとうれしいです。

スペイン語の文法書「NHK出版 これならわかるスペイン語文法」がいい参考書だと思う

NHK出版から出ている「これならわかるスペイン語文法 入門から上級まで」というスペイン語の文法書の紹介です。 タイトルに「入門から上級まで」と書かれているけど、上級者には少し物足りない気もするし、ゼロ ...

続きを見る

株式会社ベネッセホールディングスのグループ企業ベルリッツ・ジャパン株式会社が運営している英会話教室として有名なBerlitz(ベルリッツ)にはスペイン語コースもございます。

マンツーマンでスペイン語が学べる教室Berlitz(ベルリッツ)
マンツーマンでスペイン語が学べる教室Berlitz(ベルリッツ)

マンツーマンで学べるスペイン語教室Berlitz(ベルリッツ)の紹介です。 Berlitz(ベルリッツ)は英会話の語学教室として世界的に有名で、日本では「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」などで有名な株式 ...

続きを見る

オーディオブックってご存知ですか?読む本ではなく聞く本なんですが、実はスペイン語学習の書籍も音声化されているものがあります。通勤や通学の満員電車で本を開くことなく本を読める?って良くないですか?

オーディオブックでスペイン語の勉強
オーディオブックでスペイン語の勉強

スペイン語の勉強をしたくても忙しくてできない! そんななかで通勤・通学などの移動時間をスペイン語の勉強にあてる方も多いと思います。 文庫本程度の大きさならいいですが参考書などサイズの大きい本を満員電車 ...

続きを見る


【立体的スペイン語学習法】 スペイン語さくっと習得プログラム ~音声データファイル・耳で聞く問題集付~

LINE スタンプ作りました

LINEスタンプ(チャスカ日本語とスペイン語)

スペイン語と日本語のセリフを入れた LINE スタンプです。

初めて作った LINE スタンプです。

ネコキャラで名前はチャスカ。チャスカはケチュア語(ペルーなどの先住民族の言葉)で「明けの明星」という意味です。

スタンプの数は32個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(スペイン語と日本語)

 

LINEスタンプ(普段使えるバージョン)

2作目のスタンプ

スペイン語の表示はありませんが、よく使いそうなリアクションや表情をまとめたスタンプです。

いくつかのスタンプには日本語のセリフが入っています。

今作では目の表情などに力を入れてみました。

スタンプの数は40個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(普段使えるリアクション)

  • この記事を書いた人

ヨシ

旅行して好きなった国々の言語がスペイン語だったのでスペイン語を勉強しています。ラテンアメリカばかりを旅行していたので私のスペイン語はラテンアメリカのスペイン語になります。現在は北海道の片田舎に住んでます。

-スペイン語の文法, 名詞・冠詞
-

© 2020 スペイン語の勉強ブログ