スペイン語の文法 動詞や分詞 完了形

スペイン語の過去分詞の活用(規則・不規則)と基本的な用法4つ

スペイン語の過去分詞の活用(規則・不規則)と基本的な用法4つ

スペイン語の過去分詞の活用と「完了形で使う」など過去分詞の基本的な使い方を書いています。

スペイン語の過去分詞の活用には規則変化と不規則変化があります。

本記事では不規則変化をする過去分詞も一部あわせて紹介しています。

スペイン語の過去分詞の基本的な用法は以下の4つです。

  • 完了形の文章をつくる時に用いる
  • 形容詞として使うことができる
  • 動詞の後に続く場合は動作の結果の状態などを表す
  • 受動態「~される」の文章を表す時に用いる

それぞれの用法は例文を使って紹介しています。

スペイン語の過去分詞の規則変化活用と不規則変化活用

スペイン語の過去分詞にの活用には規則変化と不規則変化があります。

不規則変化の過去分詞の一部には語幹母音変化も含まれているものもあります。

過去分詞の規則変化の活用

スペイン語の過去分詞の規則変化は ar 動詞は語尾が ado、er・ir 動詞は語尾が ido に変化します。

タイプ語尾の変化
ar動詞-ado
er動詞-ido
ir動詞
asar
[ar 動詞]
asado
アサド
querer
[er 動詞]
querido
ケリド
salir
[ir 動詞]
salido
サリド

規則変化なんだけど、アクセント記号が付く過去分詞

caer
落ちる
caído
カイド
creer
信じる
creído
クレイド
leer
読む
leído
レイド
oír
聞く
oído
オイド
traer
持って来る
traído
トライド
reír
笑う
reído
レイド

過去分詞の不規則変化:語尾が to(一部、語幹母音変化)

abrir
開ける
abierto
アビエルト
cubrir
覆う
cubierto
クビエルト
escribir
書く
escrito
エスクリト
morir
死ぬ
muerto
ムエルト
descubrir
発見する
descubierto
デスクビエルト
describir
描写する
descrito
デスクリト
poner
置く
puesto
プエスト
romper
壊す
roto
ロト
ver
見る
visto
ビスト
volver
戻る
vuelto
ブエルト
devolver
返す
devuelto
デブエルト

過去分詞の不規則変化:語尾が cho(一部、語幹母音変化)

decir
言う
dicho
ディチョ
hacer
~する
hecho
エチョ
satisfacer
満足させる
satisfecho
サティスフェチョ

過去分詞の不規則変化:語尾が so

imprimir
プリントする
impreso
インプレソ

スペイン語の過去分詞の基本的な4つの用法

冒頭にも書きましたが、スペイン語の過去分詞の基本的な用法4つを例文と併せて紹介しています。

完了形の用法以外では過去分詞は主語や装飾する名詞の性・数にあわせるので注意してください。

完了形の文章をつくる時に用いる

haber + 過去分詞

動詞 haber と 過去分詞で完了形になります。

haber の活用によって現在完了形、過去完了形などに変わります。

Hoy lo he pasado muy bien.
オイ ロ エ パサド ムイ ビエン
今日、私は楽しく過ごした

Todavía no he comido carne de alpaca.
トダビア ノ エ コミド カルネ デ アルパカ
私はまだアルパカの肉を食べたことがない

Cuando ellos llegaron al aeropuerto, el avión ya había aterrizado.
クアンド エジョス ジェガロン アル アエロプエルト、エル アビオン ジャ アビア アテリサド
彼らが空港に着いたときにはすでに飛行機は着陸していた

現在完了形の使い方についてはこちらの記事に書いていますので参考にしてください。

参考スペイン語の現在完了形(haber + 過去分詞)の使い方

形容詞として使うことができる

Un hombre malhumorado.
ウン オンブレ マルモラド
不機嫌な一人の男。

Una niña malcriada.
ウナ ニーニャ マルクリアダ
反抗的な一人の少女。

La mayoría de casas construidas en Japón eran de madera.
ラ マジョリア デ カサス コンストゥルイダス エン ハポン エラン デ マデラ
日本の家の多くは木造だった

ojo過去分詞を形容詞の扱いで使用する際にはそれにかかる名詞の性・数にあわせます。

男性単数-ado
-ido
男性複数-ados
-idos
女性単数-ada
-ida
女性複数-adas
-idas

動詞の後に続く場合は動作の結果の状態などを表します

動詞(estar や tener など)によっては完了形と同じような表現になります。

Las casas están pintadas de mucho colores.
ラス カサス エスタン ピンターダス デ ムチョ コローレス
家がいろんな色で塗られています。

Tengo escritos veinte folios.
テンゴ エスクリトス ベインテ フォリオス
私はレポートを20枚書いてあります。

Aquellos niños van tomados de la mano.
アケジョス ニーニョス トマードス ア ラ マノ
あの子たちは手をつないで行きます。

ojo過去分詞は主語の性・数にあわせます。

受動態「~される」の文章を表す時に用いる

ser + 過去分詞 + por

動詞 ser と過去分詞の組合せで「~される」といった受け身の表現ができます。

また、「~によって、~から」といった働き掛けをする人やモノなどは前置詞 por を用いて表します

Ellos destruyen estos edificios.
エジョス デストゥルジェン エストス エディフィシオス
彼らはこれらの建物を解体します。

↓ ser + 過去分詞の受け身(受動態)の文に

Estos edificios son destruidos por ellos.
エストス エディフィシオス ソン デストゥルイードス ポル エジョス
これらの建物は彼らによって解体されます。

ojo過去分詞は主語の性・数にあわせます。

La carta es escrita por el abogado.
ラ カルタ エス エスクリタ ポル エル アボガード
この書類は弁護士によって書かれます

Un hombre ha sido atropellado por un carro.
ウン オンブレ ア シド アトロペジャド ポル ウン カロ
男性が車にひかれた

スペイン語の過去分詞の形を2つ持つ動詞があります

過去分詞の用法に「完了形で使う」「形容詞のような働き」といった2つの役割があることを書きました。

過去分詞によっては「完了形で使用する過去分詞」「形容詞のような働きをする過去分詞」と2つある動詞もあります。

  • 「完了形」で使用する際は規則変化の過去分詞
  • 「形容詞のような働き」で使用する際は不規則変化の過去分詞

といった一応の規則性はあります。

注意

以下で紹介する2種類の過去分詞のうち「形容詞のような働き」の欄で記載している過去分詞は辞書によっては形容詞として扱われているものがあるそうです。

私がグアテマラでスペイン語を学んだときには「2つの過去分詞がある動詞」として覚えたので、このような紹介のしかたになっています。

ご了承ください。

動詞過去分詞
完了形形容詞のような働き
freír
揚げる
freído
フレイド
frito
フリト
atender
応対する
atendido
アテンディド
atento
アテント
corregir
修正する
corregido
コレヒド
correcto
コレクト
fijar
固定させる
fijado
フィハド
fijo
フィホ
soltar
離す
soltado
ソルタド
suelto
スエルト
juntar
集める
juntado
フンタド
junto
フント
expresar
表現する
expresado
エクスプレサド
expreso
エクスプレソ
suspender
つるす、中止する
suspendido
ススペンディド
suspenso
ススペンソ
sustituir
取り替える
sustituido
ススティトゥイド
sustituto
ススティトゥト
extender
広げる
extendido
エクステンディド
extenso
エクステンソ
despertar
目を覚ます
despertado
デスペルタド
despierto
デスピエルト
elegir
選ぶ
elegido
エレヒド
electo
エレクト

まとめ

スペイン語の過去分詞には規則変化と不規則変化があります。

不規則変化の過去分詞の多くは語幹母音変化と語尾が不規則変化をします。

しかし、語尾の不規則変化は3種類だけのパターンです。

過去分詞の基本的な4つ用法は以下のとおり。

  • 完了形の文章をつくる時に用いる
  • 形容詞として使うことができる
  • 動詞の後に続く場合は動作の結果の状態などを表す
  • 受動態「~される」の文章を表す時に用いる

動詞によっては完了形のときに使う過去分詞と形容詞のような働きとして使う過去分詞が違うことあるので注意してください。

 


筆者が持っているスペイン語の文法書は「中級スペイン文法」と「NHK出版 これならわかるスペイン語文法 入門から上級まで」の2冊です。

ゼロからスペイン語の勉強を始める方にはちょっと難しいかもしれませんが、初級者から理解しやすいのが「NHK出版 これならわかるスペイン語文法 入門から上級まで」です。

「NHK出版 これならわかるスペイン語文法 入門から上級まで」については私なりの読んだ感想を書いていますので参考にしていただけるとうれしいです。

スペイン語の文法書「NHK出版 これならわかるスペイン語文法」がいい参考書だと思う

NHK出版から出ている「これならわかるスペイン語文法 入門から上級まで」というスペイン語の文法書の紹介です。 タイトルに「入門から上級まで」と書かれているけど、上級者には少し物足りない気もするし、ゼロ ...

続きを見る

株式会社ベネッセホールディングスのグループ企業ベルリッツ・ジャパン株式会社が運営している英会話教室として有名なBerlitz(ベルリッツ)にはスペイン語コースもございます。

マンツーマンでスペイン語が学べる教室Berlitz(ベルリッツ)
マンツーマンでスペイン語が学べる教室Berlitz(ベルリッツ)

マンツーマンで学べるスペイン語教室Berlitz(ベルリッツ)の紹介です。 Berlitz(ベルリッツ)は英会話の語学教室として世界的に有名で、日本では「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」などで有名な株式 ...

続きを見る

オーディオブックってご存知ですか?読む本ではなく聞く本なんですが、実はスペイン語学習の書籍も音声化されているものがあります。通勤や通学の満員電車で本を開くことなく本を読める?って良くないですか?

オーディオブックでスペイン語の勉強
オーディオブックでスペイン語の勉強

スペイン語の勉強をしたくても忙しくてできない! そんななかで通勤・通学などの移動時間をスペイン語の勉強にあてる方も多いと思います。 文庫本程度の大きさならいいですが参考書などサイズの大きい本を満員電車 ...

続きを見る


【立体的スペイン語学習法】 スペイン語さくっと習得プログラム ~音声データファイル・耳で聞く問題集付~

LINE スタンプ作りました

LINEスタンプ(チャスカ日本語とスペイン語)

スペイン語と日本語のセリフを入れた LINE スタンプです。

初めて作った LINE スタンプです。

ネコキャラで名前はチャスカ。チャスカはケチュア語(ペルーなどの先住民族の言葉)で「明けの明星」という意味です。

スタンプの数は32個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(スペイン語と日本語)

 

LINEスタンプ(普段使えるバージョン)

2作目のスタンプ

スペイン語の表示はありませんが、よく使いそうなリアクションや表情をまとめたスタンプです。

いくつかのスタンプには日本語のセリフが入っています。

今作では目の表情などに力を入れてみました。

スタンプの数は40個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(普段使えるリアクション)

  • この記事を書いた人

ヨシ

旅行して好きなった国々の言語がスペイン語だったのでスペイン語を勉強しています。ラテンアメリカばかりを旅行していたので私のスペイン語はラテンアメリカのスペイン語になります。現在は北海道の片田舎に住んでます。

-スペイン語の文法, 動詞や分詞, 完了形
-, , , , ,

© 2020 スペイン語の勉強ブログ