スペイン語の勉強法

Trabalenguas(早口言葉)でスペイン語の発音練習

更新日:

スペイン語の発音は日本語の発音と似ていて、ぶっちゃけアクセントの位置さえ間違えなければ日本語のカタカナ読み(gue,ha,jaなど読み方が違うものもあるけど)で通じちゃう言語です(下手に英語っぽく話す方がわからなくなる)。自分にとってはそこの敷居の低さがスペイン語を好きになった一つでもあるんですけど。

自分は舌足らずでスペイン語を勉強する前は巻き舌は全くできなくて、今でもほんのちょっとしかできないんだけど、意識するようになって少しづつ出来るようになってきています。また、これはスペインのスペイン語に触れると強く感じるけど「LとR」や「C,S,Z」「FとJ」の発音が違ってきます。ラテンアメリカでも「FとJ」は明らかに違いますが、「LとR」も違います。(ここでいう「LとR」の違いは「rr」や「ratón」のように巻き舌にならない「R」の発音です。)
こういったことを見たり聞いたり感じたりしていくうちに、「音は似ているけど、明らかに舌の動かし方は違う」って思って。

スペイン語を覚え始めた時に巻き舌が全くできなかった俺に先生がスペイン語の早口言葉のフレーズを教えてくれました。その頃はそれを練習してたんだけど、なまけものなので今はやってなくて。

別に巻き舌の練習だけじゃなく、日本語ではあまりない音の綴りも多くスペイン語にはあるので、そんな練習にもなる早口言葉はいいかなぁって思うんですよね。

Trabalenguas Infantiles(子供用の早口言葉)

「紹介します」と言ったけど、Googleで「Trabalenguas」って検索かければたくさん出てきます。自分みたいなレベルなら子供用とかの方があってると思うので検索時には「infantil(幼児の、子供の)」という形容詞を足して検索しています。

「trabalenguas infantiles」のGoogle検索結果

冒頭に書いた、巻き舌の練習のために教えてもらった早口言葉はこれ!

R con R cigarro, R con R barril, rápido corren los carros cargados de azúcar al ferrocarril.

巻き舌にはいい練習になると思うし、スペインのスペイン語の発音をしたい人は cigarro,azúcar の ci や zu の発音も注意しながら練習するといいと思います。

お手本が欲しい方へ

「テキストだけ見て練習するには物足りない」とか「ネイティブの発音のお手本が欲しい」って思うのも普通だと思うので、そうするとYoutubeで調べるのがよいです。メッチャあります。

これなんかはお手本を示してくれて、「はい10秒で言ってね」みたいな感じで進んでいきます。正直、間に合わないで停止ボタン押すんですけどね。

Un ratón reptó risueño hasta la rama de Rita la Rana.

Pepe pela patatas para una tortilla y para la ensalada. Pepa pela que pela, pela que pela y se empapa.

Pablito clavó un clavito en la calva de un calvito. En la calva de un calvito Pablito clavó un clavito.

La bruja piruja prepara un brebaje con cera de abeja, dos dientes de ajo, cuarenta lentejas y un pelo de oveja.

El cielo está enladrillado ¿quién lo desenladrillará? El desenladrillador que lo desenladrille buen desenladrillador será.」

他にもいろいろなtrabalenguasの動画が上がっていますので、それぞれ気に入ったもので練習されてはいかがでしょうか。

-スペイン語の勉強法

Copyright© スペイン語の勉強ブログ , 2018 All Rights Reserved.