会話で使えるスペイン語

スペイン語のsaber aで「味がする」という意味になる

スペイン語のsaber aで「味がする」という意味になる

スペイン語の saber は「知る」という意味の動詞なのですがほかに「~の味がする」といった意味もあります。

saber の意味を覚える時に「知る」という意味だけを覚えて「~の味がする」などを見落とすこともあると思います。

私は見落としていました。

でも、実際「~の味がする」といった意味でネイティブの人たちは saber を使っています。

saber a「~の味がする」

saber を使って「~の味がする」と表すときには前置詞 a が付きます。

Este helado sabe a limón.
エステ エラド サベ ア リモン
このアイスクリームはレモンの味がする

Este caramelo sabe a café.
エステ カラメロ サベ ア カフェ
この飴はコーヒー味がする

¿A qué sabe?
ア ケ サベ
どんな味?

ペルーのショッピングモールに行ったときに改装中のテナントを囲んであった壁にこんなことが書かれていました。

¿A qué sabe la felicidad?
ア ケ サベ ラ フェリシダッ
幸せってどんな味?

いい感じのキャッチコピーだと思いました。

カラベラ
というかこのキャッチ見て saber a が「味がする」って意味だと知ったんだよね

形容詞が続く場合、前置詞 a はいらない

辞書には saber a で「味がする」と前置詞 a が付くと書かれているのですが、実際には前置詞 a を付けずに味について表現をしています。

Este vino no sabe a nada.
エステ ビノ ノ サベ ア ナダ
このワインは何の味もしない

Este vino no sabe nada.
エステ ビノ ノ サベ ナダ
このワインは何の味もしない

Sabe dulce.
サベ ドゥルセ
甘い

Sabe mal.
サベ マル
まずい

チャスカ
形容詞が続く場合は前置詞 a はいらないみたい

Sabe muy salado.
サベ ムイ サラド
すごくしょっぱい

saber のあとに続くのが形容詞の場合は前置詞 a は必要なさそうで、また saber は estar に置換えることも可能。

Esta pastel sabe rico.
エスタ パステル サベ リコ
このケーキはおいしい

Esta pastel está rico.
エスタ パステル エスタ リコ
このケーキはおいしい

動詞 saber の活用や基本的な意味はこちらを参考にしてください。

参考動詞 saber「(知識や情報として)知っている」の活用と意味【例文あり】

前置詞 + 疑問詞の前置詞は動詞との関係が深い

ペルーのアレキパのショッピングモールで見たキャッチコピー ¿A qué sabe la felicidad? を見たときにそれぞれの単語の意味が分かるのに文章としての意味が分からないといった状態でした。

a~に、~へ
前置詞
qué
疑問詞
sabe知る
動詞
felicidad幸福
名詞

こんな状態から理解しようとするときに何から調べればいいのか?

そのヒントが疑問詞の前にある前置詞。

平叙文で動詞 + 前置詞 の組み合わせの文章

Tú hablas con María.
トゥ アブラス コン マリア
君はマリアと話す

を疑問文にする時には 前置詞 + 疑問詞 + 動詞 (+ 主語)といった語順になります。

¿Con quién hablas (tú)?
コン キエン アブラス(トゥ)?
君は誰と話しますか?

辞書で動詞の意味を調べる時にその動詞が疑問詞の前にある前置詞との組み合わせで熟語などになっていないかを調べるといいと思います。

 


筆者が持っているスペイン語の文法書は「中級スペイン文法」と「NHK出版 これならわかるスペイン語文法 入門から上級まで」の2冊です。

ゼロからスペイン語の勉強を始める方にはちょっと難しいかもしれませんが、初級者から理解しやすいのが「NHK出版 これならわかるスペイン語文法 入門から上級まで」です。

「NHK出版 これならわかるスペイン語文法 入門から上級まで」については私なりの読んだ感想を書いていますので参考にしていただけるとうれしいです。

スペイン語の文法書「NHK出版 これならわかるスペイン語文法」がいい参考書だと思う

NHK出版から出ている「これならわかるスペイン語文法 入門から上級まで」というスペイン語の文法書の紹介です。 タイトルに「入門から上級まで」と書かれているけど、上級者には少し物足りない気もするし、ゼロ ...

続きを見る

株式会社ベネッセホールディングスのグループ企業ベルリッツ・ジャパン株式会社が運営している英会話教室として有名なBerlitz(ベルリッツ)にはスペイン語コースもございます。

マンツーマンでスペイン語が学べる教室Berlitz(ベルリッツ)
マンツーマンでスペイン語が学べる教室Berlitz(ベルリッツ)

マンツーマンで学べるスペイン語教室Berlitz(ベルリッツ)の紹介です。 Berlitz(ベルリッツ)は英会話の語学教室として世界的に有名で、日本では「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」などで有名な株式 ...

続きを見る

オーディオブックってご存知ですか?読む本ではなく聞く本なんですが、実はスペイン語学習の書籍も音声化されているものがあります。通勤や通学の満員電車で本を開くことなく本を読める?って良くないですか?

オーディオブックでスペイン語の勉強
オーディオブックでスペイン語の勉強

スペイン語の勉強をしたくても忙しくてできない! そんななかで通勤・通学などの移動時間をスペイン語の勉強にあてる方も多いと思います。 文庫本程度の大きさならいいですが参考書などサイズの大きい本を満員電車 ...

続きを見る


【立体的スペイン語学習法】 スペイン語さくっと習得プログラム ~音声データファイル・耳で聞く問題集付~

LINE スタンプ作りました

LINEスタンプ(チャスカ日本語とスペイン語)

スペイン語と日本語のセリフを入れた LINE スタンプです。

初めて作った LINE スタンプです。

ネコキャラで名前はチャスカ。チャスカはケチュア語(ペルーなどの先住民族の言葉)で「明けの明星」という意味です。

スタンプの数は32個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(スペイン語と日本語)

 

LINEスタンプ(普段使えるバージョン)

2作目のスタンプ

スペイン語の表示はありませんが、よく使いそうなリアクションや表情をまとめたスタンプです。

いくつかのスタンプには日本語のセリフが入っています。

今作では目の表情などに力を入れてみました。

スタンプの数は40個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(普段使えるリアクション)

  • この記事を書いた人

ヨシ

旅行して好きなった国々の言語がスペイン語だったのでスペイン語を勉強しています。ラテンアメリカばかりを旅行していたので私のスペイン語はラテンアメリカのスペイン語になります。現在は北海道の片田舎に住んでます。

-会話で使えるスペイン語
-

© 2020 スペイン語の勉強ブログ