会話で使えるスペイン語

スペイン語の ¿Dónde está? は「どこにありますか?」という意味

投稿日:2016年3月28日 更新日:

¿Dónde está?と¿Dónde hay?両方「どこにありますか?」という意味

道を尋ねるときのお決まりのスペイン語のフレーズ ¿Dónde está 〇〇?(ドンデ エスタ?)は「〇〇はどこにありますか?」という意味になります。

¿Dónde está 〇〇?(ドンデ エスタ)のほかに ¿Dónde hay 〇〇?(ドンデ アイ)と言っても実は大丈夫です。

スマホの地図アプリなどを使うと人に道を尋ねる必要はないですが、スペイン語を勉強しているので是非 ¿Dónde está? と道を尋ねてみましょう。

道歩く人に聞きづらい場合は観光案内所を利用するとスペイン語の実戦練習にもなるし、優しくいろいろ街のことを教えてくれるのでとてもお得です。

スペイン語の ¿Dónde está?「どこにありますか?」を使った例文

ico_002

Disculpe. ¿Dónde está la información turística?

ico_001

A ver. Está cerca de la catedral.

ico_002

¿Cómo se va a la catedral?

ico_001

Es mejor ir en taxi o metro. Es que está lejos.

例文のスペイン語の意味や表現

dónde? どこ?どこに?
información 案内所、情報
turística 観光の
A ver えっと~
cerca 近くに
de ~の
catedral カテドラル、大聖堂
¿Cómo se va a ~~? ~~へはどのように(一般的に)行きますか?
taxi タクシー
o ~か~
metro 地下鉄。アルゼンチンではsubteと言います。
Es que ~ ~なので
lejos 遠くに

場所を聞くときは ¿Dónde está? が基本だけど ¿Dónde hay? と聞いても大丈夫

場所を聞く場合は ¿Dónde está + 知りたい場所? の形でいいです。

ただ、道に迷って「私はどこにいるの?」といった場合には ¿Dónde estoy? と動詞 estar の活用が変化するので注意してください。

está, estoy ともに動詞 estar「いる、ある」の直説法現在形の活用をしたかたちになります。

動詞 estar のすべての活用や基本的な意味を知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

参考動詞 estar の活用と基本的な意味

¿Dónde está? と ¿Dónde hay? の違いは?

¿Dónde está? と ¿Dónde hay? の違いは動詞 estar と 動詞 haber(hay) の違いになります。

両方「どこにありますか?」という意味ですが、estar は所在haber(hay) は存在を表すニュアンスが強いです。

例えば、初めて訪れた町で銀行を探しています。

銀行はほぼ公共の機関なので「町には銀行がある」という前提が成り立ちます。

¿Dónde está el banco?
ドンデ エスタ エル バンコ
銀行はどこのありますか?

¿Dónde hay un banco?
ドンデ アイ ウン バンコ
銀行はどこのありますか?

と、どちらの言い方で質問しても問題ありません。

それでは、日本食レストランを探している、としたらどうでしょうか?

銀行とちがって日本食レストランがその町にあるかもわかりません、というか日本食レストランがない確率の方が高いかもしれません。

こういった場合「日本食レストランはどこですか?」と聞く前に「この町に日本食レストランはありますか?」と聞くのが普通です。

日本語で「〇〇ってどこかにありませんか?」みたいに尋ねることってありますよね?

そんなニュアンスに近い表現が ¿Dónde hay? を使った聞き方になります。

¿Dónde hay un restaurante japonés?
ドンデ アイ ウン バンコ
日本食レストランってどこかにありませんか?

日本食レストランがこの町にあるかどうかも知らないので、特定の日本食レストランではないので un restaurante と不定冠詞 un になります。

estar と haber(hay) の違いはこちらでもう少し詳しく説明しています。

参考hay(haber)と estar の意味の違い

dónde の前に前置詞が来たときの意味

スペイン語の疑問詞の中には、前置詞と組み合わせて疑問文を作ったりします。

dóndeはその疑問詞のひとつで、「どこから」「どこへ」などの意味に変化します。

a dónde (adónde) どこへ
¿A dónde va este autobús? このバスはどこへいきますか?
para dónde どこへ(どこ行き)
¿Para dónde va este autobús? このバスはどこ行きのバスですか?
por dónde どこら辺に(を)
¿Por dónde va este autobús? このバスはどこら辺に行きますか?(どこら辺を通りますか?)
de dónde どこから
¿De dónde viene este autobús? このバスはどこから来ましたか?

まとめ

スペイン語の道を尋ねるときにお決まりフレーズは以下の通りです。

¿Dónde está + 行きたい場所の名称 ?

ガイドブックなどで事前にその場所が存在していることを知っているならこの言い方で問題ないです。

しかし、その町の情報が一切なかったりする時には、存在を確認しつつ所在を尋ねることって普通のことですよね。そんな時には

¿Dónde hay + 場所 ?

存在も確認しているので、場所を指す単語の冠詞は定冠詞(el / la)になることはほぼ無いので注意してください。

 

スペイン語の文法を勉強するなら「NHK出版 これならわかるスペイン語文法」がおすすめ!

初級から中級までの文法を一通り勉強できる文法書です。

本書を読んだ(使ってる)感想なども書いてます。

参考スペイン語の文法書「NHK出版 これならわかるスペイン語文法」がいい参考書だと思う

  • この記事を書いた人

ヨシ

旅行して好きなった国々の言語がスペイン語だったのでスペイン語を勉強しています。ラテンアメリカばかりを旅行していたので私のスペイン語はラテンアメリカのスペイン語になります。現在は北海道の片田舎に住んでます。

-会話で使えるスペイン語
-, ,

Copyright© スペイン語の勉強ブログ , 2019 All Rights Reserved.