会話で使えるスペイン語

スペイン語で「いくらですか?」お決まりフレーズ + α

2016年3月27日

スペイン語で「いくらですか?」お決まりフレーズ + α

スペイン語で「いくらですか?」「お会計をお願いします」などお店で値段を聞いたり、レストランで会計をお願いするフレーズを書いています。

お買い物や食事のほかに、タクシーの料金交渉をするときやバスのチケットを購入のときにも「(目的地)までいくらですか?」と質問することが多いので絶対覚えておきたいフレーズのひとつです。

一般的な「いくらですか?」のフレーズ ¿Cuánto cuesta?(クアント クエスタ)以外のフレーズも書いていますので参考にしてください。

スペイン語で「いくらですか?」のフレーズ

スペイン語で「いくらですか?」と聞くフレーズで一番有名なのが

チャスカ

¿Cuánto cuesta?

Cuánto は「いくつ?」という疑問詞

cuesta は「値段(費用)がかかる」という意味の動詞 costar の3人称単数形です。

¿Cuánto cuesta?(クアント クエスタ)の次にたぶん有名なフレーズが

チャスカ

¿Cuánto es?

そして、「価値がある」という意味の動詞 valer  を使った。

チャスカ

¿Cuánto vale?

「(費用を)受け取る」といった意味の動詞 cobrar を使った。

チャスカ

¿Cuánto cobra?

カラベラ
「いくらですか?」のお決まりフレーズはこの4つかな?

市場などで品物の値段を聞くときに地元の人たちがよく言っていたのがこちら。

チャスカ

¿Qué precio tiene?

動詞 cobrar を使った「いくらですか?」など会計の表現をいくつか聞いたので書いていきます。

チャスカ

¿Cuánto me cobrará hasta 目的地?

※cobrará は動詞cobrar の未来形です。

ラテンアメリカの国ではタクシー料金は乗車前に交渉することが多いのですが、そのときには上記のフレーズなどを使って値段交渉をします。

チャスカ

Cóbrese.

ペルーやグアテマラなどのローカルバスにはコブラドールまたはアジュダンテというバス料金を回収する人がいます。

バスを降りる前に彼らに運賃を支払うときに言ったりするのがこの Cóbrese お金を差し出しながら言っていました。

※Cóbrese は動詞cobrarse のustedに対しての命令法です。

チャスカ

¿Me cobra?

バルなどではこのフレーズが使われてるみたいです。

一方、伝票のあるレストランなどではこちらの方がいいかも。

チャスカ

La cuenta, por favor.

カラベラ
小さい食堂では ¿Cuánto es? などで大丈夫なことも多いです

スペイン語で「いくらですか?」と質問するフレーズと同じくらい大事なのがスペイン語の数字の数え方。

数字の数え方がわかると値段や料金のほかに時間などを知れるので覚えておきましょう。

参考スペイン語の数字の数え方

スペイン語の値段や料金の言い方

ラテンアメリカの国々にも、アメリカドルの「セント」にあたる補助通貨単位があります。それが「centavo(センターボ)」または「céntimo(センティモ)」です。

言い方は違いますが、意味は同じです。

自分が行ったことのある国ではセンターボの方が多い気がします、ペルーはセンティモでした。

お気づきの方もいると思いますが、通貨単位にも単数形(例:1peso)と複数形(例:2pesos)があります。

0.70 pesosSetenta centavos
1.50 pesosUn peso con cincuenta centavos
Uno con cincuenta 省略
11.20 pesosOnce pesos con veinte centavos
Once con veinte 省略
Once veinte もっと省略

単位も前置詞 con も省略する Once veinte の言い方は結構聞きました。

ラテンアメリカ(中南米)のスペイン語圏の主な国の通貨単位

flg_argentinaアルゼンチンpeso / pesos
flg_boliviaボリビアboliviano / bolivianos
flg_chileチリpeso / pesos
flg_colombiaコロンビアpeso / pesos
flg_costaricaコスタリカcolon / colones
flg_ecuadorエクアドルdólar / dólares
flg_elsalvadorエルサルバドルdólar / dólares
flg_guatemalaグアテマラquetzal / quetzales
flg_hondurasホンジュラスlempira / lempiras
flg_mexicoメキシコpeso / pesos
flg_nicaraguaニカラグアcórdoba / córdobas
flg_panamaパナマbalboa / balboas
flg_paraguayパラグアイguarani / guaranies
flg_peruペルーsol / soles
flg_uruguayウルグアイpeso / pesos
flg_venezuelaベネズエラbolivar / bolivares

まとめ:スペイン語で「いくらですか?」と値段を聞く時のフレーズ例文

カラベラ

Disculpe, ¿Cuánto cuesta esto?

チャスカ

38 pesos con 50 centavos.

カラベラ

Entonces me lo llevo.

チャスカ

Aquí tiene 1 con 50. Gracias.

例文のスペイン語の意味や表現

cuánto?いくつの?どれほどの?
cuesta値段が~です。
pesoメキシコ、コロンビア、アルゼンチンなどの通貨単位
con一緒に。付いた。 前置詞
centavo補助通貨単位。100センターボで1。
entoncesそれでは
me lo llevo私はそれを買います。私はそれを持って行きます。
aquí tiene(物などを渡す際に)はい、どうぞ。(ustedに対して)
túに対しては aquí tienes

 

LINE スタンプ作りました

LINEスタンプ(チャスカ日本語とスペイン語)

スペイン語と日本語のセリフを入れた LINE スタンプです。

初めて作った LINE スタンプです。

ネコキャラで名前はチャスカ。チャスカはケチュア語(ペルーなどの先住民族の言葉)で「明けの明星」という意味です。

スタンプの数は32個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(スペイン語と日本語)

 

LINEスタンプ(普段使えるバージョン)

2作目のスタンプ

スペイン語の表示はありませんが、よく使いそうなリアクションや表情をまとめたスタンプです。

いくつかのスタンプには日本語のセリフが入っています。

今作では目の表情などに力を入れてみました。

スタンプの数は40個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(普段使えるリアクション)

  • この記事を書いた人

ヨシ

旅行して好きなった国々の言語がスペイン語だったのでスペイン語を勉強しています。ラテンアメリカばかりを旅行していたので私のスペイン語はラテンアメリカのスペイン語になります。現在は北海道の片田舎に住んでます。

-会話で使えるスペイン語
-, ,

Copyright© スペイン語の勉強ブログ , 2019 All Rights Reserved.