モンセラーテの丘へはどのように行きますか?(無人称を表す再帰のse)

2018年5月19日

paso033

以前「観光案内所はどこにありますか?(所在や行き方を聞く)」では、どちらかというと所在を尋ねる「¿Dónde está?」の方について書いていたので、行き方を尋ねる方はさらっと書いて文法的なアプローチをしていなかったので、今回は行き方を尋ねる時のお決まりのフレーズの ¿Cómo se va a ~? の説明をします。
実際は ¿Dónde está? と尋ねたらついでに行き方も同時で教えてくれることの方が多いと思うんですけどね。

スポンサーリンク

¿Cómo se va al cerro de Monserrate?「モンセラーテの丘へはどのように行きますか?」の例文

ico_004

¿Cómo se va al cerro de Monserrate?

ico_002

Generalmente se va en teleférico desde Santuario de Monserrate.

例文のスペイン語の意味や表現

¿Cómo? どのように
se va 行く(無人称) 不定詞irse 3人称単数・現在形
al a + el に
cerro
de
el cerro de Monserrate モンセラートの丘 コロンビアの首都ボゴタにある丘といってるけど標高3,100Mぐらいあります。
generalmente 一般的に
en
teleférico ロープウェイ
desde から
Santuario de Monserrate サントゥアリオ・デ・モンセラーテ モンセラートの丘へ行くロープウェイやケーブルカーの乗り場

無人称を表す再帰のse(3人称単数形のみ)

前回までは受け身を表す再帰のse でしたが、今回紹介するse va は無人称を表す再帰のse です。

動作主、主語が示されず、ただその動作がなされることに主眼を置きます。

文法上の主語がないことと動詞が常に3人称単数形になること以外は、受け身を表す再帰のse と明確な違いはありません

Ella se va mañana.
「エジャ セ バ マニャーナ」
彼女は明日行っちゃいます。(この文章では再帰動詞irse「去る」)
無人称の表現 Se va en teleférico.
「セ バ エン テレフェリコ」

ロープウェイで行きます。(この文章では無人称のse)

ロープウェイで行くことが主眼でして、ロープウェイに乗って行く人が誰か?はこの文章では意味を持ちません。「ポイ捨て禁止」などの文章で「誰が」は重要ではありませんよね、それと同じ感覚かなと思います。ちなみに「ポイ捨て禁止」は

Se prohíbe tirar la basura.
「セ プロイベ ティラール ラ バスラ」

ゴミを捨てることを禁止します。

Se prohíbe という記述を見たら、何か禁止されているんだと思えばいいです。


再帰動詞、受け身を表す再帰のse、無人称を表す再帰のse と同音異義ではないですがややこやしいですね。そういった時はあまり文法に縛られず感覚で理解するのも1つの手かと思います。

2012年に筆者はこのモンセラーテの丘に登りました、もちろんロープウェイで。その時に書いたブログ記事があるので興味持たれた方は読んでみてください。「モンセラーテの丘に登ってきた。 – cielosinfin.com

スポンサーリンク