会話で使えるスペイン語 買い物・食事・観光

「カメラを忘れちゃった」無意識の行為を表すスペイン語の再帰のse

更新日:

paso046

無意識の行為、日本語だと「~しちゃった」などとなる再帰代名詞se を用いた表現です。

Se me olvidó la cámara.「カメラを忘れちゃった」の例文

ico_001

¡Qué hermoso jardín!

ico_002

¡Ay! Se me olvidó la cámara.

ico_001

No hay ningún problema. Te presto la mía.

例文のスペイン語の意味や表現

¡Qué! なんて~だ!
hermoso 美しい
jardín
se olvidó 忘れてしまう 不定詞olvidarse 3人称単数・点過去
cámara カメラ
hay ある
ningún 一つも~(ない)否定文の時に用いられる
problema 問題
presto 貸す 不定詞prestar 1人称単数・現在形
mía 私の

無意識の行為を表す再帰のse

再帰代名詞には「受け身」「無人称」などいろんな用法があります。今回は無意識のうちに行ってしまう行為を伝えるためのseを紹介します。

例文の Se me olvidó la cámara.Me olvidé la cámara.(メ オルビデ ラ カマラ)と言ってもたぶん日本語は「カメラを忘れちゃった」と訳せると思うのですが、Se me olvidó la cámara. の方がより無意識度合が大きい感じがします。

似たような表現で

Se me cayó el plato.
「セ メ カジョ エル プラト」

お皿を落としちゃった。

ってのがあります。Se me olvidó. も Se me cayó. も主語が「私」ではなく「カメラ」や「お皿」になっています。「お皿が勝手に私から離れて落ちてった」といった表現の方が直訳に近いと思うのですが、お皿に意志があるわけではないので結果、無意識の行為を表すことになっているんだと思います。


Cuando era niño, estudiaba portugués. Pero se me olvidó.
「クアンド エラ ニーニョ、エストゥディアバ ムーチョ エスパニョール。ペロ セ メ オルビド」

子供の頃にポルトガル語を勉強したけど忘れちゃった。


A Mario se le rompió el vaso.
「ア マリオ セ レ ロンピオ エル バソ」

マリオはコップを割っちゃった。


Se nos pasó la estación.
「セ ノス パソ ラ エスタシオン」

私たちは乗り越してしまった。(駅を通り過ぎてしまった)

 

スペイン語の文法を勉強するなら「NHK出版 これならわかるスペイン語文法」を持っていると便利!

初級から中級までの文法はこれ1冊で十分勉強できます!

【参考】スペイン語の文法書「NHK出版 これならわかるスペイン語文法」がいい参考書だと思う

-会話で使えるスペイン語, 買い物・食事・観光

Copyright© スペイン語の勉強ブログ , 2018 All Rights Reserved.