小話「まんじゅう怖い」をスペイン語に訳してみた。

江戸小話「まんじゅう怖い」をスペイン語に訳してみました。福娘童話集で紹介されている「まんじゅう怖い」のあらすじを参考に書きました。

この訳は2011年にグアテマラのアンティグアでスペイン語を勉強していた時に書いたものです。一応習っていた先生に見せて直してもらったりしたものです。

Tengo miedo a Manju「まんじゅう怖い」

Un hombre que estaba palido y flaco llegó resollando a donde unos jóvenes que estaban charlando.
若い衆がおしゃべりをしているところに青白く痩せこけた男が息を切らせて寄ってきました。

“Jjjj, por favor, ayudénme.” El estaba temblando de miedo.
「ハァーハァー、助けてくれ~」男はガタガタと震えていました。

Ellos le habían rodeado y uno le preguntó.
若い衆は彼を取り囲み尋ねました。

“¿Qué te pasa?”
「どうしたのかい?」

“El vendedor de la torta de arroz dulce va a llegar.”
「まんじゅう売りがやって来る」

“¿Qué?”
「えっ!?」

“La verdad es que tengo miedo a la torta de arroz dulce. Escondánme de él rapidamente.”
「実を言うと俺はまんじゅうが怖いんだ。早く俺をどこかへ隠してくれ」

Ellos lo llevaron a un almacén.
若い衆は男を物置へと隠してやりました。

Luego, les dijo un hombre bromista a los otros.
すると、いたずら好きの1人が他の若い衆に言いました。

“Será extraño.Vamos a burlarnos un poco.”
「へんな奴だなぁ。ちょっといたずらしてやろうか。」

Ellos compraron tantas tortas de arroz dulce que llenaron un plato grande. Y las metieron al almacén y cerraron la puerta con llave.
彼らはまんじゅうをお盆一杯買ってそれを物置の中へ入れると、ぴしゃりと扉を閉めてしまいました。

–Unos minutos pasaron–
数分経過

Nunca oyeron ruido.
まったく物置から音がしません。

“¿Qué pasaría? ¿Se desmayaría demasiado miedo? ¡Abramos la puerta!”
「どうしたんだろう??怖すぎて気絶でもしちまったのだろうか?よし扉を開けよう!」

Cuando abrieron la puerta, vieron que, él que estaba ahí ya se las había comido.
扉を開けるとまんじゅうを全部食べてしまった男がそこにいました。

“Le tenés miedo, ¿no?”
「まんじゅう怖いんじゃなったのか?」

“Ahorita tengo miedo el té verde.”
「今はお茶が怖いよぉ」


その他にも日本の昔話や小話を訳しています。興味ある方は見てみてください。