感想・レビュー

NHKラジオまいにちスペイン語2019年10月号の感想とか

2019年9月22日

NHKラジオまいにちスペイン語2019年10月号の感想とか

2019年10月号から新たなスペイン語講座が始まります。

ラジオ放送は9月30日(月)からスタート。

NHKラジオまいにちスペイン語2019年10月号のテキストの感想などを書いていきます。

2019年10月からのNHKラジオまいにちスペイン語は入門編が「おもてなしのスペイン語」、応用編が「すばらしきラテンアメリカ」。

入門編の「おもてなしのスペイン語」は2018年4月~9月に放送された講座で再放送、応用編の「すばらしきラテンアメリカ」は新作です。

入門編「おもてなしのスペイン語」

入門編の「おもてなしのスペイン語」は2018年4月~9月の再放送。

講師は福嶌教隆さん

神戸市外国語大学名誉教授。マドリード大学言語学博士。イスパニア語学専攻。NHKのスペイン語講座の講師を長年務める。

「日本に旅行に来たスペイン語圏の人たちをスペイン語でおもてなす」といったのが本講座の物語の趣旨になります。

なので舞台は日本、毎月日本各地の観光地を訪れたスペイン語圏の人たちとの会話からスペイン語を学習していきます。

「おもてなしのスペイン語」は入門編のあと2018年10月~2019年4月期には応用編へ続いていきました、おそらく今回(2019年10月からの1年間)も入門編・応用編と1年間通しの講座になると思います。

では、2019年10月号の入門編「おもてなしのスペイン語」はどんな感じ?

テキストには各週の主な学習目標が書かれていました。

第1週

第1~3課

【発音】
母音、子音、アクセント

【文法】
直説法現在形 ar 動詞の規則活用

第2週

第4~6課

【発音】
子音、アクセント

【文法】
直説法現在形 er, ir 動詞の規則活用
動詞 ir の活用(直説法現在形)

第3週

第7~9課

【発音】
子音、イントネーション

【文法】
動詞 ser, estar の活用(直説法現在形)
指示詞、名詞・冠詞

第3週

第10~12課

【発音】
アルファベット

【文法】
動詞 tener の活用(直説法現在形)
名詞・冠詞・形容詞の性・数
数詞(1~20)

ゼロからスペイン語を学習していくうえで一般的な進み方だと思います。

開講のことばにも「予備知識ゼロのれべるから順を追ってご紹介していきます」と書かれているので、初学者を意識した進み方だと思います。

発音に関しては、スペイン(カスティーリャあたり)の発音とアンダルシア・ラテンアメリカの発音の違いなども説明されています。

10月号の舞台は東京、スペイン人のベニト(Benito)が道に迷っているところをアリサが助けたのがきっかけで2人で東京を巡ります。

アリサと10月号では出てこないですが彼女の恋人のナオトがスペイン語圏の人たちをアテンドしていきます。

ベニト役、アリサ役ともにスペイン出身の方がやっています。

応用編「すばらしきラテンアメリカ」

応用編の「すばらしきラテンアメリカ」は新作になります。

講師は柳沼孝一郎さん

神田外語大学教授(副学長)。歴史学修士(メキシコ国立自治大学 UNAM)。専門はメキシコ近現代史。

入門編とは逆にこちらは日本人夫婦がラテンアメリカの国々を旅行する物語になっています。

10月号と11月号の舞台はメキシコのようです。

開講のことばで「スペイン語を”読む・聞く”に注力し、文法はおさらいとなります」と書かれていますが、ポイントを突いて文法のことは書かれています。

「こういった順番で教えていく」というよりはスキット(会話の実例)の文の中で「ここ覚えておいて」といった感じ。

なので、レッスンごとにピックアップされる文章・フレーズに統一感はあまり感じられません。

とはいえ、10月号では再帰のse、無人称のse、受け身のseの表現やそのほかの受け身の表現の説明が目が付きました。

カラベラ
Lección 7の舞台アカプルコは水曜どうでしょうの大泉さんが行きたがっていたけど、今は麻薬がらみで危険な街だよ

 

2019.10.8 追記

1週遅れですが、10月期から始まったラジオ講座を聞きました。

応用編の「すばらしきラテンアメリカ」は思っていたよりもメキシコ文化に触れてた内容だなと思いました。

前の500ペソ紙幣の肖像画にもなっていたディエゴ・リベラの絵よりもシケイロスの絵に感動した私としてはシケイロスの名が紹介されただけで「あっこの講座でいろんなことが知れるかも」と期待しました。

講座としては物語で登場する日本人夫婦をアテンドするメキシコ人男性(Don José)のしゃべりはメキシコのイントネーションですね。

Lección2 の一発目の es la campana que tocó el padre .... なんてザ・メキシコといったイントネーションに感じました。

いいですね、あぁ~行きたい。

10月、11月はメキシコが舞台になる応用編の「すばらしきラテンアメリカ」ですが、メキシコはアステカ時代の言葉ナワトル語などを語源にした地名なども多く、スペイン語にはないつづりをした単語などが出てくると思います。

また、ペルーでもインカ時代の言葉ケチュア語源の地名が多いので、地名は国によってはクセがあります。

 

ECC外語学院のスペイン語教室は東京(30校)以外では、神奈川県18校、千葉県5校、埼玉県9校、茨城県2校、栃木県3校、福島県3校、愛知県34校、静岡県5校、岐阜県3校、三重県3校、大阪府31校、兵庫県15校、京都府8校、滋賀県3校、奈良県7校、和歌山県1校、広島県1校、岡山県1校、福岡県3校、鹿児島県1校の20府県にあります。

公式サイトECCスペイン語コース

公式サイト【立体的スペイン語学習法】 スペイン語さくっと習得プログラム ~音声データファイル・耳で聞く問題集付~

LINE スタンプ作りました

LINEスタンプ(チャスカ日本語とスペイン語)

スペイン語と日本語のセリフを入れた LINE スタンプです。

初めて作った LINE スタンプです。

ネコキャラで名前はチャスカ。チャスカはケチュア語(ペルーなどの先住民族の言葉)で「明けの明星」という意味です。

スタンプの数は32個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(スペイン語と日本語)

 

LINEスタンプ(普段使えるバージョン)

2作目のスタンプ

スペイン語の表示はありませんが、よく使いそうなリアクションや表情をまとめたスタンプです。

いくつかのスタンプには日本語のセリフが入っています。

今作では目の表情などに力を入れてみました。

スタンプの数は40個です。

LINEスタンプの詳細はLINEスタンプ販売ページでご確認ください。

LINE ストアチャスカ(普段使えるリアクション)

  • この記事を書いた人

ヨシ

旅行して好きなった国々の言語がスペイン語だったのでスペイン語を勉強しています。ラテンアメリカばかりを旅行していたので私のスペイン語はラテンアメリカのスペイン語になります。現在は北海道の片田舎に住んでます。

-感想・レビュー
-

Copyright© スペイン語の勉強ブログ , 2019 All Rights Reserved.