スペイン語の勉強法

スペイン語の本・参考書のまとめ【Amazonでレビュー評価の高い本】

更新日:

amazonで評判のいいスペイン語の本

Amazonのレビューで評価の高い(平均★4つ以上)スペイン語の本や参考書をまとめてみました。

英語に比べるとスペイン語の本・参考書は少ないですが、いろいろあるので買うとなると「どれがいい(自分にあった)本・参考書なのか?」と気になります。

そこで参考になるのが購入者のレビュー

今回はAmazonで売られているスペイン語の本や参考書(文法書・問題集・会話フレーズ・入門書・旅行会話本)でレビュー件数が5件以上あって評価の平均が★4つ以上の本を紹介していきます。

スペイン語の入門書

スペイン語のしくみ

(22件のレビューの平均★4.6)

スペイン語の「しくみ」についてわかりやすくまとめいている本のようです。

本・参考書といったものというより読み物として読めるらしくまったり勉強したい人向けの本のようです。

はじめてのスペイン語 (講談社現代新書)

(14件のレビューの平均★4.6)

新書版なので持ち運びやすく通勤・通学のバスや電車の中などで読むには良い本です。

一通りの文法のほかにスペインの文化や歴史のはなしも書かれているようです。

スペイン語の文法書

文法から学べるスペイン語

created by Rinker
¥1,944 (2018/12/16 22:38:18時点 Amazon調べ-詳細)

(42件のレビューの平均★4.2)

Amazonの売れ筋ランキングの「スペイン語」で1位になっています。

初めて買う文法書として評価が高いです。また、スペイン語のオンラインスクールのテキストとしても採用されていたようです。

ゼロからスペイン語の勉強を始める初心者向けの文法書とつくられているので、中級者は物足りなさを感じるところもあるようです。

NHK出版 これならわかるスペイン語文法 入門から上級まで 【おすすめ】

(10件のレビューの平均★4.5)

このブログでもおすすめしている文法書です。

著者の廣康好美さんはNHKラジオまいにちスペイン語の2010年度前半(4月-9月)の入門編の講師をされていました。

【参考】スペイン語の文法書「NHK出版 これならわかるスペイン語文法」がいい参考書だと思う

やさしいスペイン語文法 CD付

(22件のレビューの平均★4.4)

わかりやすい言葉を使って説明しているので初心者にはとてもいい文法書のようです。

また、章がすすむと発音のカタカナルビがなくなったりと読者のスペイン語力の成長を見据えたページ作りは好感が持てますね。

ちなみに著者の大岩功さんはNHKラジオまいにちスペイン語の2008年度後半(10月-3月)の入門編「ぼくのブエノスアイレスをさがして」の講師をしていました。

私はこの入門編「ぼくのブエノスアイレスをさがして」で voseo を覚えました。

スペイン語作文の方法 構文編

(15件のレビューの平均★4.5)

構文の知識などを身につけスペイン語の書く能力の向上を目標にしています。

中級者やひと通りの文法を学習して中級を目指すような人向けに作られているようです。

スペイン語の問題集

スペイン語力養成ドリル2000題

(12件のレビューの平均★4.3)

アクセントの問題から接続法過去完了形の問題まで全2,000問あります。

文法の説明はあるようなので初級者にはぴったりな問題集だと思います。

極める! スペイン語の接続法ドリル

(11件のレビューの平均★4.4)

スペイン語の接続法に特化した問題集。

おそらく今の日本の参考書や問題集で接続法だけを取り扱っているのはこの本だけです。

ひと通りの文法を勉強してから、「接続法をもっと勉強したい」と思う方に向いているかと思います。

私の欲しいリストに入っている本です。

しっかり身につくスペイン語トレーニングブック(CD BOOK)

(5件のレビューの平均★4.4)

問題を解きながら文法の理解を深めていくトレーニングブックです。

文法の復習の教材に向いていますが、問題を解きながら文法を覚えていくこともできるようです。

スペイン語の会話フレーズ

CD付き オールカラー 基礎からレッスンはじめてのスペイン語

(10件のレビューの平均★4.8)

「これを使ってスペイン語を勉強する」というよりは

「スペイン語ってどんな言語なんだろう?」
「スペインや中南米へ旅行する前にちょっとスペイン語を覚えたい」

といった人に向く本のようです。

また、イラストが多く楽しく読んでもらおうといったデザインのようです。

気持ちが伝わる! スペイン語リアルフレーズBOOK (CD付) (リアルフレーズBOOKシリーズ)

(14件のレビューの平均★4.5)

NHKのラジオやテレビのスペイン語講座でおなじみの福嶌教隆さんが著者です。

「ネイティブが使う、自然な言い回しが学べる!」という感じで辞書などには載っていない口語表現や慣用句が収録されています。

主にスペインで使われている口語表現や慣用句なのでラテンアメリカでは使われていない言い方も多いようです。

福嶌さんの発音はスペインのスペイン語なので、スペインの口語表現や慣用句を中心に扱われているのは想像しやすいことですね。

スペイン語の落とし穴

(7件のレビューの平均★5.0)

スペイン人の著者のエミリオ・ガジェゴさんがレクチャーするネイティブの口語表現や慣用句が収録されています。

辞書の意味(直訳)では間違っていないけど、状況や文脈でちょっと変に受け取られるようなものを直してくれています。

例文で覚えるスペイン語熟語集

(5件のレビューの平均★4.6)

フレーズというよりは「単語 + α(前置詞など)」の熟語が紹介されています。

熟語は辞典に掲載されていますが、例文の無い熟語もあってどう使えばいいのかわからないこともあります。

本書は使用頻度の多い熟語を1,500をピックアップしすべてに例文があります。

また、スペイン語と日本語双方の索引がついてるのが便利です。

ある程度スペイン語を勉強して「ボカブラリオ(語呂)を増やしたい」と考えている人向きだと思います。

日本語から考える! スペイン語の表現

(7件のレビューの平均★4.6)

日本語で考えた文章(自分が言いたいこと)をスペイン語で言おうとすると、日本語の意味やニュアンスにこだわりすぎて結局何も言えなくなってしまう事ってあると思います。

そんなモヤモヤする部分をうまくスペイン語で表現できるように手助けてくれる本のようです。

リスニング練習

CD2枚付 耳が喜ぶスペイン語 リスニング体得トレーニング

(14件のレビューの平均★4.1)

スペイン語の本や参考書などに付属されているCDに収録されているスペイン語の音声のスピードは一般的に遅いと言われています。

DELEなどの試験対策用にリスニング力を鍛えたいという方に向けての本です。

スペイン語の旅行会話本

ヘタリア Axis Powers 旅の会話ブック スペイン編 太陽の国に来たって~! (一般書籍)

(6件のレビューの平均★4.8)

ヘタリアという国を擬人化させた世界史コメディ漫画とコラボした旅行会話本。

本を広げて指差しで会話ができるようになっているみたいです。

スペインに限らずラテンアメリカでも日本のアニメや漫画はとても人気がるのでこれをネタに現地の人と交流してみてはいかがですか?

ひとり歩きの会話集 スペイン語

(9件のレビューの平均★4.6)

旅行代理店大手のJTBの子会社JTBパブリッシング出版の旅行会話本。

旅行のそれぞれの場面に分かれた会話フレーズが用意されています。

また、相手が話すフレーズも表記されているので、対話形式でフレーズを丸暗記できます。

旅の指さし会話帳

旅行の会話本の定番「旅の指さし会話帳」は国単位で発行されているので、特にラテンアメリカを旅行する人には良書の旅行会話本です。

それ以外の旅行会話本はスペインのスペイン語を基本に作られているから。

-スペイン語の勉強法

Copyright© スペイン語の勉強ブログ , 2018 All Rights Reserved.