スペイン語のser と estar の違い

2018年7月12日

ser-estar

スペイン語には英語のbe動詞に相当する動詞が2つあります。動詞ser(セール)と動詞estar(エスタール)です。使い分けに関しては、きちんと決められているので基本的なことをここで紹介します。

ser の用法

生まれながらに持っている性質やあまり変わらない性質などを表します。

起源、発端、出自、出身、国籍などを表す

Estos plátanos son de Ecuador.
「エストス プラタノス ソン デ エクアドール」

これらのバナナはエクアドル産です。

所有、所持などを表す

Ese reloj es de Monica.
「エセ レロホ エス デ モニカ」

その時計はモニカのものです。

材料、素材などを表す

La mesa es de madera.
「ラ メサ エス デ マデーラ」

その机は木製です。

描写、特徴、性格などを表す

María es alta, bonita y amable.
「マリア エス アルタ、ボニータ イ アマブレ」

マリアは背が高くて、かわいくて、そして優しいです。

職業、アイデンティティなどを表す

Él es el guía de montaña.
「エル エス エル ギア デ モンターニャ」

彼は山岳ガイドです。

時間、日付などを表す

Hoy es tres de julio.
「オイ エス トレス デ フリオ」

今日は7月3日です。

出来事(イベント)の位置などを表す

La reunión es en el hotel.
「ラ レウニオン エス エン エル オテル」

会議はホテルで行われる。

estar の用法

人や物などの一時的な所在や状態などを表します

人や動物や物の位置などを表す

Madrid está en España.
「マドリッ エスタ エン エスパーニャ」

マドリードはスペインにあります。

姿勢、位置、地位などを表す

Nosotros estamos sentados.
「ノソトロス エスタモス センタードス」

私たちは座っています。

人や動物や物の状態などを表す

Yo estoy muy ocupado.
「ジョ エストイ ムイ オクパード」

私はとても忙しい。

ser と estarで意味が変わる

Él es listo.「エル エス リスト」
Él está listo.「エル エスタ リスト」

①の文章ではserが使われているので、彼自身の特徴(性格)を表していて「彼は賢い(利口)です」という意味になります。一方、estarを使っている②の文章では、状態を表しているため「彼は用意が整っている(何かをする準備を終えている)」となります。


Eres bella.「エレス ベジャ」
Estás bella.「エスタス ベジャ」

ちょっと強引な文章ですが、こちらの文はどちらも「君は美しい」と訳せますが、意味は変わります
serを使った①は描写にあたり、まさに綺麗な人を指して言っていることになります。一方、estarを使った②もたしかに「美しい」のですが、例えば、「何かを真剣に取り組んでいるその姿が美しい」とか「スポーツか何かではつらつとしている姿が美しい」など、何かの要因があって美しい状態になっているといった感じです。


Ella no es alegre. Pero está alegre ahora, porque está borracha.
「エジャ ノ エス アレグレ。ペロ エスタ アレグレ アオラ、ポルケ エスタ ボラーチャ」

彼女は明るい性格ではない。でも、今は陽気だ、なぜなら酔っぱらっているから

alegre(アレグレ)「陽気な、明るい」という形容詞を使った文章です。ser と estar の使い分け、なんとなくでもわかりましたか?