可能法(過去未来)の動詞の活用と使い方

   

condicional

スペイン語の可能法(過去未来)の動詞の活用と使い方を紹介します。当ブログでは直説法過去未来時制を可能法として取り扱っています。
それは筆者がスペイン語を学んだのがグアテマラで当然日本語ではなくスペイン語で習っていたので、ここの部分を「condicional」として覚えました。その後、アタバルの片桐さんからちょっとした文法の説明を受けたときには彼は「可能法」として扱っていたので。そんな感じです。

可能法(過去未来)の動詞の活用(規則・不規則)

※可能法(過去未来)での vos の活用も tú と同じです。

可能法(過去未来)の規則活用

可能法(過去未来)の規則活用では -ar, -er, -ir 動詞の区別なく共通の活用語尾になります。また、規則活用の活用語尾は不定詞本体の後ろに連結されます。

可能法(過去未来)規則活用の活用語尾
主語活用語尾主語活用語尾
yo-íanosotros
nosotras
-íamos

vos
-íasvosotros
vosotras
-íais
él
ella
usted
-íaellos
ellas
ustedes
-ían
可能法(過去未来)規則活用例
gastar
ガスタール
(お金を)使う
cnocer
コノセール
知る
seguir
セギール
追う、続く
gastaría
ガスタリア
cnocería
コノセリア
seguiría
セギリア
gastaría
ガスタリアス
cnocerías
コノセリアス
seguirías
セギリアス
gastaría
ガスタリア
cnocería
コノセリア
seguiría
セギリア
gastaríamos
ガスタリアモス
cnoceríamos
コノセリアモス
seguiríamos
セギリアモス
gastaríais
ガスタリアイス
cnoceríais
コノセリアイス
seguiríais
セギリアイス
gastarían
ガスタリアン
cnocerían
コノセリアン
seguirían
セギリアン

可能法(過去未来)の不規則活用

可能法(過去未来)の不規則活用する動詞は直説法未来形の不規則活用の動詞と同じ動詞が活用されます。

「e」が無くなる

活用語尾は規則活用と同じです。

例)caber「入り得る」の活用形
主語活用形主語活用形
yocabría
カブリア
nosotros
nosotras
cabríamos
カブリアモス

vos
cabrías
カブリアス
vosotros
vosotras
cabríais
カブリアイス
él
ella
usted
cabría
カブリア
ellos
ellas
ustedes
cabrían
カブリアン
同じ活用をする動詞
haberアベールある
habría, habrías, habría, habríamos, habríais, habrían
poderポデール~できる
podría, podrías, podría, podríamos, podríais, podrían
quererケレール欲する
querría, querrías, querría, querríamos, querríais, querrían
saberサベール知る
sabría, sabrías, sabría, sabríamos, sabríais, sabrían

「e」または「i」が「d」に代わる

活用語尾は規則活用と同じです。

例)poner「置く」の活用形
主語活用形主語活用形
yopondría
ポンドゥリア
nosotros
nosotras
pondríamos
ポンドゥリアモス

vos
pondrías
ポンドゥリアス
vosotros
vosotras
pondríais
ポンドゥリアイス
él
ella
usted
pondría
ポンドゥリア
ellos
ellas
ustedes
pondrían
ポンドゥリアン
同じ活用をする動詞
salirサリール出る
saldría, saldrías, saldría, saldríamos, saldríais, saldrían
tenerテネール持つ
tendría, tendrías, tendría, tendríamos, tendríais, tendrían
valerバレール価値のある
valdría, valdrías, valdría, valdríamos, valdríais, valdrían
venirベニール来る
vendría, vendrías, vendría, vendríamos, vendríais, vendrían

decir(デシール)

decir「言う」の活用形
主語活用形主語活用形
yodiría
ディリア
nosotros
nosotras
diríamos
ディリアモス

vos
dirías
ディリアス
vosotros
vosotras
diríais
ディリアイス
él
ella
usted
diría
ディリア
ellos
ellas
ustedes
dirían
ディリアン

hacer(アセール)

hacer「する」の活用形
主語活用形主語活用形
yoharía
アリア
nosotros
nosotras
haríamos
アリアモス

vos
harías
アリアス
vosotros
vosotras
haríais
アリアイス
él
ella
usted
haría
アリア
ellos
ellas
ustedes
harían
アリアン

スポンサーリンク

ads

可能法(過去未来)の使い方

過去の事柄に関して、推測で言う場合

Isabel hablaría con su nobio.
「イサベル アブラリア コン ス ノビオ」

イサベルは彼氏と話してたんじゃないかな。

例えば、イザベル以外の人と話し手は会話していて、その人が「昨晩、イザベルに電話したら話し中だったんだよね」なんて言った返答として言えたりできると思います。話し手はイザベルが誰と話していたかは知らないけど、イザベルと彼氏が毎晩電話しているってことを知っていたかもしれないし、根拠のない推測かもしれないし。などなど。


¿Qué pasaría en esquina.
「ケ パサリア エン エスキーナ?」

角でなんかあったの?

この文章では、話し手が道を歩いていると通りの角に人が集まっていたけど見に行かず誰かに尋ねてみた感じ、とか

条件付きの未来のこと言う場合

Él iría con nosotros, pero si le pagamos el viaje.
「エル イリア コン ノソートロス、ペロ シ レ パガモス エル ビアヘ」

私たちが彼の旅行代金を払えば、彼は一緒に行けるだろう。


Yo te acompañaría, pero si me invitas a comer un helado.
「ジョ テ アコンパニャール、ペロ シ メ インビタス ア コメール ウン エラード」

アイスをおごってくれたら、一緒に行ってやってもいいかな。

助言や提案など言う場合

Yo no llevaría tanto dinero en la bolsa.
「ジョ ノ ジェバリア タント ディネーロ エン ラ ボルサ」

俺なら大金をそんな袋に入れて持っては行かないよ


podrías hacerlo.
「トゥ ポドリアス アセールロ」

君ならやれるだろう

過去から見た未来を言う場合

Ellos me dijeron que él llegaría mañana.
「エジョス メ ディヘロン ケ エル ジェガリア マニャーナ」

彼らは私に、彼は明日に着くだろうと言った


Tú me prometiste que me acompañarías.
「トゥ メ プロメティステ ケ メ アコンパニャリアス」

付き添ってくれるって約束したじゃんか

可能性のある未来など言う場合

Querría viajar a Machu Picchu.
「ケリア ビアハール ア マチュピチュ」

マチュピチュに行ってみたいなあ


¿Qué haría usted con 500 dólares?
「ケ アリア ウステッ コン キニエントス ドラレス?」

500ドルで(があったら)何をしてみたいですか?

婉曲な表現

¿Me haría usted un gran favor?
「メ アリア ウステッ ウン グラン ファボール?」

お願いしたいことがあるのですが。


¿Podrías traducir esta canción al español?
「ポドリアス トラドゥシール エスタ カンシオン アル エスパニョール?」

この歌をスペイン語に翻訳してもらえないかな。

 - 動詞や分詞, 可能法(過去未来)