スペイン語の直説法過去形(点過去)の動詞の規則活用

2018年7月12日

regular-pasado-indicativo

スペイン語の直説法の過去時制(過去形)には点過去「~した」と、線過去「~していた」があります。ふつうに過去の出来事を言う場合には点過去を用いることが多いです。

今回は点過去の規則活用を紹介します。
この活用で1人称と3人称単数の活用語尾にアクセント記号が付きます。このアクセント記号は結構大事でして、アクセントなしだと綴りが他の法や時制と同じになる場合があるので、アクセント記号が付いてるところをきちんと強く発音してください。

直説法過去形(点過去)の動詞の規則活用

点過去での vos の活用は tú と同じです。

-ar動詞の規則活用

例)caminar「歩く」の活用形
人称/単複 主語 活用形 活用語尾
1人称 単数 yo caminé
(カミネ)
2人称 単数
vos
caminaste
(カミナステ)
-aste
3人称 単数 él
ella
usted
caminó
(カミノ)
1人称 複数 nosotros
nosotras
caminamos
(カミナモス)
-amos
2人称 複数 vosotros
vosotras
caminasteis
(カミナステイス)
-asteis
3人称 複数 ellos
ellas
ustedes
caminaron
(カミナロン)
-aron

※-ar動詞の点過去規則活用での、1人称複数形が現在形と同形になります。

-er動詞の規則活用

-er動詞と-ir動詞の点過去規則活用の活用語尾は同じ形になります。

例)nacer「生まれる」の活用形
人称/単複 主語 活用形 活用語尾
1人称 単数 yo nací
(ナシ)
2人称 単数
vos
naciste
(ナシステ)
-iste
3人称 単数 él
ella
usted
nac
(ナシオ)
-ió
1人称 複数 nosotros
nosotras
nacimos
(ナシモス)
-imos
2人称 複数 vosotros
vosotras
nacisteis
(ナシステイス)
-isteis
3人称 複数 ellos
ellas
ustedes
nacieron
(ナシエロン)
-ieron

-ir動詞の規則活用

-er動詞と-ir動詞の点過去規則活用の活用語尾は同じ形になります。

例)decidir「決める」の活用形
人称/単複 主語 活用形 活用語尾
1人称 単数 yo decidí
(デシディ)
2人称 単数
vos
decidiste
(デシディステ)
-iste
3人称 単数 él
ella
usted
decid
(デシディオ)
-ió
1人称 複数 nosotros
nosotras
decidimos
(デシディモス)
-imos
2人称 複数 vosotros
vosotras
decidisteis
(デシディステイス)
-isteis
3人称 複数 ellos
ellas
ustedes
decidieron
(デシディエロン)
-ieron

※-ir動詞の点過去規則活用での、1人称複数形が現在形と同形になります。

点過去の用法の注意点(個人的見解)

点過去は普通の過去形ととらえて問題ないと思いますし、旅会話なら点過去でほとんどの過去形の話を伝えれると思います。筆者自身のスペイン語レベルがまだまだなので、間違ってる部分があるかもしれないですが、点過去の用法で気をつけている事を書きます、あくまでもご参考までに

日本語で「~した。」となる肯定文は点過去、否定文はちょっと考える

肯定文は「昨日、映画を見た。」「先週、私たちはブエノス・アイレスに着いた。」といった文章です。これは感覚なんですが「~した。」というよりは「~し(終え)た。」といった感じで、その行動が完結していることが大事だと思います。

否定文に関しては、例えば「(知識として)知る」という動詞saberがあります、これは不規則変化動詞なので活用は後ほど不規則活用のページで説明しますが、「私は知った」は Yo supe.(ジョ スペ)です。しかし、「私は知らなかった」という否定文では Yo no supe. とはあまり聞いたことがありません。線過去を用いて Yo no sabía.(ジョ ノ サビア)と言うことが多いです。動詞によっては肯定文で点過去を用いてても、否定文では線過去を用いたりするのでちょっと考えます。

点過去の「点」にあまりこだわらない

日本語でスペイン語文法を学ぶと点過去や線過去、そして過去未来や可能法などの用語があり、その用語の日本語で関連付けしてしまいがちですが、そこに固執しすぎるとスペイン語は難解な言語になってしまうそうです(これは筆者が言われたことです)。
点過去の場合は時間的な点の出来事を表すことが多いですが、「彼は大学で4年間勉強した。」は
El estudió en la universidad por cuatro años.
「エル エストゥディオ エン ラ ウニベルシダッ ポル クアトロ アーニョス」

と大学で勉強した期間は4年ありますが点過去で表すことができます。